新車を探す(メーカー・タイプ別)

新車購入ガイド

自社ローンとは?新車購入時のメリット・デメリットを徹底解説!

新車を購入したい方の中には「自社ローン」という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

とはいえ

「自社ローンが何なのか分からない」

「自社ローンのメリット・デメリットが知りたい」

 

という方もいるはずです。

そこでこの記事では

・自社ローンとは?

・自社ローンのメリット・デメリット

・自社ローンを利用するときの注意点

を解説していきます。

自社ローンの特徴を理解して、自分に合わせて自社ローンを活用できるようになりましょう。

1、自社ローンとは?

新車の自社ローンというのは銀行系ローンやディーラーローン・信販系ローンのようにお金を借りるものではなく、販売店と契約して分割払いを可能にする仕組みのことです。

 

一般的なローンではディーラーや販売店で契約をする際には、提携している信販会社やローン会社の審査があります。
一方で自社ローンの審査は販売店の裁量に任されているので、基本的にその他のローンに通らなかった方でも審査に通りやすいです。

 

また、過去に自己破産をした経験がある方や現在アルバイトをしている方などでも契約できるケースがあります。
必ず利用できるというわけではないですが、審査に通りやすいので利用しやすいローンといえます。

 

2、新車購入時に自社ローンを利用する3つのメリット!

新車購入時にローンを使用する場合いくつか選択肢がありますが、自社ローンを使用するメリットは何なのでしょうか?
自社ローンのメリットをしっかりと理解したうえでローンを選ぶことで、納得したうえで新車を購入することができます。

そこでここからは、新車購入時に自社ローンを利用する3つのメリットを解説します。

2-1. 他社のローンが組めなかった方でも利用可能

新車を自社ローンで購入するメリットとして、他社のローンが組めなかった方でも利用可能という点があります。
自社ローンは審査を自社で行うので、銀行やディーラーなどのように審査が厳しくありません。

例えば、過去の自己破産をした方や過去に支払い遅延があった方など、他のローンだと審査が通らない方でも利用できる可能性があります。

もちろん、必ずローン審査が通るとは限りませんし、最低限の収入がなければ利用することはできませんが、審査に通りやすいというのはメリットといえますね。

2-2. 金利が無料である場合が多い

新車を自社ローンで購入するメリットとして、金利が無料であるケースが多い点が挙げられます。

金利に関しては、賃金業法で貸金業務取扱主任者が在籍していないと設定できないことになっています。
そのため、多くの販売店では自社ローンの金利を設定していない場合が多いです。

ただし、金利の代わりに手数料や保証料がかかるケースがあるので注意が必要でしょう。

また、金利の代わりに車体料金を10~20%程度金額を上乗せしているケースもあるので、金利に騙されないようにする必要があります。

2-3. アルバイトやフリーターでも審査に通りやすい

新車の自社ローンはアルバイトやフリーター、自営業などでも審査に通りやすいです。

最低限の収入は必要だが、他のローンのようにアルバイトやフリーターだからといって査定に響くことは少なく、あくまで返済能力があるかどうかで判断されるケースが多いです。

職業による縛りがないので一般的なローンで落ちた方でも利用しやすいといえます。

 

3、新車購入時に自社ローンを利用する2つのデメリット!

新車購入時に自社ローンの利用を検討している方は、メリットだけではなくデメリットも知っておくべきです。
特に自社ローンは金利がかからないことが多い代わりに保証料などがかかる点には注意が必要。

そこでここからは、新車購入時に自社ローンを利用する2つのデメリットを解説します。

3-1. 保証料や頭金がかかる場合が多い

新車購入時に自社ローンを利用するデメリットとして、保証料や頭金がかかる場合が多い点が挙げられます。

新車の自社ローンは金利が0%である代わりに、手数料や保証料という名目で借入金の約10~20%程度かかることが多いです。また、車体自体の値段が相場よりも高く設定されている場合もあるので注意が必要でしょう。

さらに、頭金が一部必要で最終的な借入金を少なくしたいと考える会社もあります。
特に自社ローンでは審査がそこまで厳しくないところも多いので、できるだけ貸し出す金額を低くしたいと考える会社が多いです。

頭金は会社によって異なりますが、頭金を指定しているところもあれば利用者の自由としているところもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

3-2. 会社によってローン内容がバラバラ

新車購入で自社ローンを利用するときに、会社によってローン内容がバラバラなのはデメリットといえます。

銀行系ローンやディーラー系ローンなどでは、審査基準や返済期限、手数料などはある程度相場があります。
しかし、自社ローンは会社ごとにローン内容がバラバラで異なるため分かりにくいです。

特に自社ローンには金利の代わりに手数料や保証料などが設定されていることが多いので、自社ローンを利用する際にはしっかりと確認しなければいけません。また、頭金の有無や設定金額も店舗によってさまざま。

さらに、自社ローンの場合には保証人が必要な場合が多いです。
中には保証人が2名必要な会社もあるので、すんなりと新車が購入できないケースもあります。

また、中には金利を設定できないはずなのに金利を設定している悪徳な業者もあります。
さらに、保証料などが高いケースもあるので、しっかりと確認することが大事です。

 

4、新車購入時に自社ローンを利用する際の2つの注意点!

新車購入時に自社ローンを利用する場合、他のローンを組むときと同様に気をつけるべき点があります。
特にローンとなると継続して支払いの義務が発生するので、計画的な利用が大切です。

そこでここからは、新車購入時に自社ローンを利用する際の注意点を2つ解説していきます。

4-1. 無理のない範囲でローンを組むことが大事

新車の自社ローンを利用するときには、無理をしない範囲でローンを組むことが大事です。

自社ローンを利用する方の中には、他のローンが利用できなかったという方もいると思います。
そういった方が自社ローンを利用する場合は特に返済計画には注意が必要です。

自社ローンは審査が緩い代わりに、保証人を設定しなければいけないケースが多く、もし支払いができなくなれば保証人に負担がかかることになります。

そのため、自分で支払いができる範囲でローンを組むことが大事です。

具体的にはローンの返済可能額というのは一般的に年収の25~30%程度といわれているので、この範囲以上は借りることが難しいです。また、他にも別にローンを組んでいる場合は、返済額も合わせて25~30%以内に収める必要があります。

新車が欲しい気持ちもあるとは思いますが、無理のない範囲でローンを組むようにして、無理そうならお金を貯めてから購入するようにしましょう。

4-2. 最終的な支払金額を計算しておくことが大事

自社ローンを組むときには、最終的な支払金額を計算することが大事です。

自社ローンの場合は金利がかからないので金利は考慮しなくてもいいですが、保証料や手数料などを計算する必要があります。

実際、金利が高いということで銀行系ローンやディーラー系ローンを選択肢から外していたが、いざ支払金額を計算してみると自社ローンの方が高かったというケースもあるようです。

もし、他のローンと自社ローンで迷っているのであれば、支払うべき総額をチェックしたうえで最終的に支払う金額が安いローンを利用すべきでしょう。

また、どうしても支払金額が多くて返済が厳しそうであれば、一旦購入を待って頭金を貯めてから購入するという事も検討してみてください。もしくは、車種や車のオプション、グレードなどを下げて支払える範囲で新車を探してみると良いでしょう!

 

5、新車の低金利ローンを利用したいなら【ウッドベル】

新車の低金利ローンを利用できる販売店を探しているという方には「ウッドベル」がおすすめです。

ウッドベルなら、全車種金利2.5%で一律固定なので、自分が好きな車を低金利ローンで購入できます。

販売店やディーラーなどでは、ローンの金利に幅があるケースも多いですが、ウッドベルならしっかり金利が決まっているので安心です。また、頭金・ボーナス払いともに0円、最大120回分割払いが可能なので月々1万円程度の返済額で済みます。月々の返済額はできるだけ少なくしたいという方にもおすすめです。

【低金利2.5%】カーローンが安い!

chapter3 三重県松阪市の新車ディーラー「ウッドベル」よりカーローンの金利値下げのご案内 ウッドベルの新車通常金利は3.9%です。 この金利でもディーラー ...

また、ウッドベルの魅力としては

①オプションがプレゼントされるので格安で新車が購入できる

②全メーカーから車種を選べる

という点が挙げられます。

 

まず、ウッドベルでは新車購入時にオプションセットが無料でプレゼントされるサービスがあるので、かなりお得です。

車本体の価格もお手頃なのですが、それに加えて

 

【オプションサービスの一例】

・カーナビ

・ドライブレコーダー(即決の場合)

・ETC

・ディーラーオプション

・メンテナンスパック

 

などのオプションが無料でついてくるので、費用を抑えることができます。
また、オプションをプレゼントしてもらえるので、煩わしい値引き交渉をしなくていいのも魅力的です。

さらに、ウッドベルでは全メーカーから車種を選ぶことができます。

また、それぞれのカタログも用意されているので、異なるメーカーの車種を見比べながら選ぶことができます。
新車は長い間乗り続けるものなので、念入りに吟味をして選べるというのはメリットといえます。

このように、ウッドベルは低金利ローンを利用できるだけではなく、格安で新車が購入できるのも魅力です。
また、オプションサービスなどサービス面も充実しています。

新車購入の相談にも応じていますので、ぜひお気軽にお問合せください!

お問い合わせはコチラ

6、まとめ

新車購入に自社ローンを利用する場合、審査に通りやすく他のローンで断られた場合でもローンを組みやすい点や、金利が0%というメリットがあります。

その一方で、車本体の販売価格が高かったり、保証金や手数料がかかったりとデメリットもあるので、自社ローンを選択するときには実際に支払う金額をチェックしたうえで最適な選択なのか考えることが大切です。

ちなみに、新車購入で低金利ローンを利用したい場合は「ウッドベル」がおすすめです。
ウッドベルなら全車種金利が2.5%で一律なので、かなり安く購入することができます。

新車購入の相談にも対応しておりますので、ぜひお気軽にお問合せください。

新車を探す(メーカー・タイプ別)

-新車購入ガイド
-