新車を探す(メーカー・タイプ別)

新車購入ガイド

新車購入時のローン年数【5年・7年・10年】何年がおすすめ?

新車ローン5年7年10年何年がオススメ?

新車を購入する際、ローンを利用する方も多いと思います。
ただ、ローンには返済年数が設定されていて「5年・7年・10年」とどれを選べばいいか難しいですよね。

実際、自分に合ったローン年数の選び方や返済プランの考え方などが分からずに悩んでいる方も多いです。

そこでこの記事では

・新車購入時におすすめのローン年数

・ローン種類別の最長ローン年数の目安

・ローン年数を決める際の基準

・ローン年数を決める際の注意点

・ローンの返済負担を減らす方法

などについて解説していきます。
この記事を参考に、ぜひ自分に合っていて無理のないローン年数を選んでみてくださいね。

 

1、新車のローン年数【5年・7年・10年】何年がおすすめ?

新車のローン年数は、5年・7年・10年から選択できるケースも多いです。
ただ、何年を選べばいいか分からないという方も多いと思います。

そこでここからは、新車を購入するときにおすすめのローン年数を紹介します。

1-1. ローン年数は5年がおすすめ

新車のローン年数は5年を選択するのがおすすめです。
基本的に自動車ローンは車本体の購入費用や車検・修理費などを補う目的で利用します。

そのため、車の買い替え時にローンを返し終わるのがベストです。
一般的に車は5~6年程度で買い替える方が多いので、ローン年数も5年程度が良いでしょう。

また、半年~3年のローンもありますが、あまり返済期間が短くなると返済金額の負担が大きくなるのでやはり5年くらいがベストです。とはいえ、何年で返済するかは人によって異なるため、自分にあった返済計画を立てることが最も大事でしょう。

ちなみに、ローンの計画を立てるときには、大まかでいいので人生設計も一緒に考えておくのがおすすめです。

例えば、結婚・転職など今の状況が大きく変わりそうな場面をいくつか設定しておくと、ローン返済の出費が問題ないかシミュレーションしやすいですよ。

とはいえ、やはり完全に予想することは難しいので、今の段階でできるだけ無理なく返せるローンプランを組む必要があるでしょう!

1-2. 10年ローンは金利負担が多くなるので注意

新車のローンには10年ローンもありますが、基本的には長期ローンは金利負担が大きくなるのでおすすめはできません。

例えば、100万円借りたとして金利が年2%、5年で返す場合は総額110万円になります。
一方で、同じ条件でも10年で返済する場合は120万円返済しなければいけません。

確かに10年ローンにした方が月々の負担額は少なくなるので支払いはしやすいですが、金利負担が増えることは理解しておく必要があるでしょう。

また、10年ローンとなると返済し終える前に車が故障して買い替える可能性や、新しい車に買い替えたくなるケースも多いです。
加えて、古い車になると税金も高くなるケースがあるので注意しましょう。

さらに、10年間乗り続けた車は下取りしてもらえない場合や、かなり安く買われるケースも多いことは理解しておく必要があります。

 

2、新車のローン年数はローンの種類によって異なる

新車のローン年数はローンの種類によって異なる傾向にあります。

ローンの金利は店舗によって異なるのが基本ですが、銀行系ローンでは最長7~10年、ディーラー系や信販系ローンの場合は最長で6~8年であることが多いです。

銀行の方が長期ローンに対応している場合が多いので、長期ローンを利用したいなら銀行系ローンを利用すると良いでしょう。
ただし、銀行は審査が厳しいので審査に通る条件をクリアしておく必要はあります。

ちなみに、ローン年数の一例を紹介しておくので参考にしてみてくださいね。

 

【ローン年数の目安】

みずほ銀行(多目的ローン) 6回~84回(最長7年)
三井住友銀行(マイカーローン) 12回~120回(最長10年)
トヨタ(トヨタクレジット) 3回~72回(最長6年)
ホンダ(クレジット) 3回~84回(最長7年)

いずれにしても、長期になればなるほど月々の負担額は減りますが、その分最終的に支払う金額は金利分高くなることは理解しておく必要があるでしょう。

また、長期ローンになるとその分審査も厳しくなります。

長期的に返済することで毎月の支払金額を少なくしたいと考えている方もいると思いますが、自分の条件で審査が通りそうかも考えておく必要があるでしょう。

 

3、新車のローン年数を決める基準とは?

新車ローンの年数は5年がおすすめということを紹介しましたが、実際に自分がローン年数を決めるときに悩む方も多いでしょう。
5年・7年・10年では、毎月の支払金額や最終的な支払金額が異なるので、自分に合った年数を選ぶことが大事。

そこでここからは、新車のローン年数を決める基準を3つ解説していきます。

3-1. 買い替えを検討する時期で決める

新車のローン年数を決めるときには、買い替えを検討する時期で決める方法があります。
一般的には新車に3~5年程度乗ってから買い替えを検討する方が多いですが、人それぞれ買い替えの間隔は異なります。

例えば、車が好きで頻繁に買い替えたい方は2~3年程度で買い替えるかもしれませんし、逆に車を消耗品と考えて7年以上使う方もいるでしょう。

基本的にローンは買い替えるタイミングの少し前に返済し終えるのがベストです。
買い替えのタイミングで返済し終えることで、スムーズに新車購入ができますし、新車購入のために新しくローンを組み直すこともできます。

ローン年数を決める際には、自分がどれくらいで買い替えたいのか考えたうえでローンを組むと良いです。

3-2. 毎月の返済額で決める

新車のローン年数を決めるときには、毎月の返済額で決めることもできます。
例えば、5年ローンと10年ローンを比べると、5年ローンの方が返済は早く完了しますがその分毎月の支払額は多いです。

逆に10年ローンは長期間に分割で支払えるので月の支払額は少なくて済みますが、その分金利が高くなるので最終的な費用は高くなります。

自分が月々どれくらい支払いができるのかを年収などを考慮して考えたうえで、その支払額に応じてローン年数を決めると無理のない返済プランを作ることができます。

ちなみに、ローンの返済額シミュレーションに関しては、「価格.com 自動車ローン返済額シミュレーション」がおすすめなので、試してみてはいかがでしょう。

 

3-3. 最終的な支払金額で決める

新車のローン年数を決める時には、最終的な支払金額で選択することができます。
5年・7年・10年ローンでは同じ金利でも最終的に支払う金額が異なります。

長期ローンになればなるほど、支払う金利が多くなるので、ある程度資金に余裕がある場合は支払い総額が安い短期ローンを利用する方がおすすめです。

もちろん、無理をして短期ローンを利用するのはダメなので、支払い能力と支払総額を天秤にかけながらローン年数を決めるようにしましょう。

 

4、新車のローン年数を決める際の注意点!

新車ローンの年数を選ぶときには、単純に月々の支払金額や最終的な支払金額で決める方も多いでしょう。
ただ、それだけだと最終的に後悔する可能性もあるんです。

そこでここからは、新車のローン年数を決める際の注意点を解説していきます。

 

4-1. 長期ローン=長期的な負担であることを理解する

新車ローン年数を決めるときには、長期ローン=長期的な負担であることを理解する必要があります。
一般的に長期ローンといっても10年ローンを選択する方はほとんどおらず、審査もなかなか通りません。

それでも7年ローンを組むケースはあると思いますが、その場合には長期的に支払金額が払い続けられるかあらためて考える必要があるでしょう。

例えば、7年というとその間に仕事が変わっている可能性もありますし、家族が増えたり冠婚葬祭などで出費が重なったりする可能性もありますよね。

特に今の段階でも支払いがきつい返済プランを考えている方は要注意です。
なんとか支払いができるだろうと考えている方もいるとは思いますが、予期せぬ出費にも備えなければいけません。

そのため、ローンを検討する際には、支払金額が長期的に払い続けられるのかしっかりとシミュレーションをしておくことが大事です。

 

4-2. ローン年数は契約後に延長できないケースが多い

新車ローン年数を決めるときに、一度は年数を決めて払い始めたが途中で支払いがきつくなるケースもあります。
こういった場合、本来であればローン年数を伸ばして毎月の支払金額を減らしたいところですよね。

ただし、基本的に契約後にローン年数を延長できないケースが多いので注意が必要です。
それでも支払い負担を軽減したい場合は、ローン年数が多い他のローンに借り換えをすることはできます。

具体的には現在5年ローンを選択しているのであれば、7年ローンを契約しなおして支払いをスタートするという風に変更することができるんですね。

とはいっても、ローンの借り換えをするには手数料がかかるケースも多いです。
また、金利が現在のローンと異なるケースもあるので、改めてシミュレーションしなおす必要がある点はデメリットといえます。

もちろん、経済状況などが変化してどうしても返済が厳しいというのであれば、ローン年数の多いローンに切り替えるのもおすすめですが、できるだけそうならないように綿密な計画を立てる方が良いでしょう。

 

5、新車のローンを組むときに負担を減らす方法

新車のローンを組むときには、やはりできるだけ負担を減らしたいですよね。
そんなときには、繰り上げ返済を利用したり頭金を支払ったりすることで、負担を減らすことが可能です。

そこでここからは、新車のローンを組むときに負担を減らす方法を解説していきます。

 

5-1. 繰り上げ返済を利用する

新車のローン返済の負担を減らす方法として、繰り上げ返済を利用するという手があります。
繰り上げ返済は収入に余裕がある場合などに用いるもので、月々の支払金額とは別でローン残高を返済できる仕組みです。

繰り上げ返済には「期間短縮型」と「返済額軽減型」があります。

期間短縮型は、繰り上げ返済をすることで毎月の返済額を変えずに返済期限を短くする方法です。
一方で、返済額軽減型は、返済期間は変えずに毎月の返済金額を減額する仕組みになります。

必ずしも繰り上げ返済ができるわけではないですが、利用することで必要に応じて返済金額や期間を調整することが可能です。
ちなみに、繰り上げ返済をする場合、手数料が5,000円~10,000円程度かかるケースもあるので注意しましょう。

 

5-2. 頭金を用意して借入金額を減らす

新車のローンを組む際に負担を減らしたいのであれば、頭金を用意して借入金額を減らすのがおすすめです。

例えば、150万円の車を購入するとして、150万円まるまるローンで借りるよりも50万円頭金を用意し、残りの100万円をローンで借りた方が金利の負担が少なくなりますよね。

頭金を貯めるまでに時間がかかるかもしれませんが、返済の負担が減るので長期的なローン返済が不安という方は試してみてください。

 

6、新車のローン年数を決めるときに大切な心構え!

新車のローン年数を決めるときには、無理のない範囲で計画することが大事です。

よくあるのが、返済期間が短い方が金利負担は少ないという理由で短期ローンを選択したものの、いざ支払いが始まると毎月の負担が大きく支払いが難しくなったというパターンです。

できるだけお得にローンを組むことを考えるのも大事ですが、いかに無理をすることなく返済をしていくかも大事でしょう。

特にローン返済計画は念入りにしておく方が良いです。

長期ローンともなると今現在と経済状況が異なるケースも少なくありません。
年収が少し下がったとしても支払いができるのか考えたうえで、ある程度余裕のある返済プランを考えることが大切です。

 

7、低金利ローンを利用したいなら【ウッドベル】

新車購入にローンを利用する方は、できるだけ低金利ローンを利用したいですよね。
そんな方には「ウッドベル」がおすすめです。

ウッドベルでは、全車種金利が2.5%で一律なので、どの新車を購入しても低金利でローンを組めます。
また、一般的なディーラー系ローンの金利が年5~7%といわれているのと比較すると、いかに低金利であるか分かりますよね。

また、頭金0円、ボーナス払い0円で最大120回払いができるので、年数でいうと10年ローンまで組むことができます。
ライフスタイルや経済状況を踏まえたうえで支払い回数を選べるのは魅力です。

 

ウッドベルの新車ローンについてまとめました!
特に5年以上で借入すると金利差はどんどん膨らんでいきます。

一般的なディーラーの新車ローンと3年・5年・7年・10年とそれぞれの金利比較もしています。
詳しくご検討をされたい方必見の記事です!こちらもぜひお読みください。

【低金利2.5%】カーローンが安い!

chapter3 三重県松阪市の新車ディーラー「ウッドベル」よりカーローンの金利値下げのご案内 ウッドベルの新車通常金利は3.9%です。 この金利でもディーラー ...

ちなみに、ウッドベルの魅力はこれだけではなく、他にも以下の3つの魅力があります。

①オプションプレゼントで新車が安く買える

②全メーカーから選択できる

③メーカーオプションが選べる

1つ目の魅力は「オプションプレゼントで新車が安く買える」ところです。

車を購入する際にはカーナビやETCなどのオプションをつけるという方も多いですよね。
ただ、いろいろとオプションを充実させていくと20~30万円かかることも少なくありません。

その点、ウッドベルなら最初から20万円以上のオプションプレゼントがついている新車も多くあるので、かなりお得に新車を購入することができます。

ちなみに、実際には

【オプションサービスの一例】

  • カーナビ
  • アマゾンギフト券(即決の場合)
  • ETC
  • ディーラーオプション
  • メンテナンスパック

などのオプションがプレゼントされるので、参考にしてみてください。
このオプションプレゼントと低金利2.5%が同時に使えます。

2つ目の魅力は「全メーカーから選択できる」ところです。

一般的なディーラーだと選べるメーカーは自社製品だけということも多いですが、ウッドベルなら国内メーカーをはじめ海外メーカーの車種にも対応しています。

また、全車種のカタログも用意しているので、その場で複数メーカーの車種を見比べることも可能です。
車種のメリット・デメリットを検討しながら愛車選びができるのも魅力といえますね。

3つ目の魅力は「メーカーオプションが選べる」ところです。

ディーラーで新車を購入する場合、フロアマットやシートカバーなどのディーラーオプションや製造工程で取り付けるメーカーオプションなどをつけることができます。しかし、販売店ではこうしたオプションはつけられないケースも多いです。

一方で、ウッドベルならグレードやカラー、内装などを変更することも可能ですし、メーカーオプションやディーラーオプションを選ぶこともできます。

豊富な選択肢から自分好みに愛車をアレンジできる点も魅力です!

このように、ウッドベルは低金利でローンが利用できるだけではなく、サービス面でもお客様に寄り添ったサービスを提供しています。

新車購入の相談も可能なので、ぜひお気軽にお問合せください。

お問い合わせはコチラ

8、まとめ

新車を購入するときにローンを使用する場合、5年・7年・10年からローン年数を選択することができます。
ただ、基本的には5年ローンがおすすめです。

一般的な新しく車を買い替える時期と一致しますし、ローン年数が長くなるほど金利負担が増えることを考えると5年ローンがちょうどいい返済期間だといえます。

ただし、返済期間は車を買い替える頻度や毎月の支払い可能金額によっても異なるため、人それぞれ考えることが大事です。
ローンを組むときには、長期ローンは長期的に負担が続くことを理解したうえで、しっかりと返済プランを立てるようにしてください。

ちなみに、低金利ローンを利用してできるだけ安く新車を購入したいなら「ウッドベル」がおすすめです。
お客様の立場に立ってサービスを提供していますので、ぜひお気軽にお問合せください!

株式会社ウッドベル 花岡店
三重県松阪市駅部田町71-1
0598-26-3521

新車を探す(メーカー・タイプ別)

-新車購入ガイド
-