新車購入ガイド

新車の買い時・安い時期はいつ?知らなきゃ損する3つの買い時紹介!

新車を購入するならできるだけ安く購入したいですよね。とはいえ、いつ購入すれば安く買えるのか分からないという方もいると思います。

そこでこの記事では、

・新車を安く購入できる買い時
・新車を安く購入するコツ
・新車の買い時を狙ううえでの注意点

について解説していきます。
この記事を読めば、どのタイミングで新車を購入すればお得なのかが分かるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

1、新車のお得な買い時(安い時期)ベスト3紹介!

新車のお得な買い時というのは1年で数回ありますが、安い時期を逃さずに購入するのがポイントです。
また、新車の価格が安いというだけではなく、値引き交渉がしやすいというメリットもあります。

そこでここからは、新車のお得な買い時ベスト3をご紹介します。

1-1. 3月・9月のディーラー「決算・中間決算時期」は買い時!

新車の買い時として、決算・中間決算のタイミングがあります。

決算や中間決算というのは、ディーラーの1年間もしくは半年間の売り上げ台数が決まる時期です。
この時期は、できるだけ売り上げを増やすために力を入れて販売台数を増やす時期といえます。

決算時期は3月、中間決算時期は9月である場合が多いですが、この時期には新車価格の値引きやお得なキャンペーンを実施していることが多いのでチェックしておきましょう!

ただし、この期間に購入するのであれば3月末、9月末までに自動車登録をしておく必要があるので早めに見積もりをスタートしておくことをおすすめします。

1-2. 7月・12月の「ボーナス時期」は買い時!

新車の買い時として、ボーナス時期のタイミングが挙げられます。

会社員であれば夏のボーナス7月、冬のボーナス12月が設定されていることも多いですよね。

この時期は新車の購入者が増える傾向にあるので、販売店側もキャンペーンやお得なサービスなどを用意して新車を購入してもらえるように工夫しているんです。

そのため、決算・中間決算時期と同様にボーナス時期も新車を安く買うにはおすすめの時期といえます。
この時期に購入することを前提に値引き交渉を進めることで、値引きに応じてくれる可能性もあるので、ぜひ試してみてください!

1-3. 「モデルチェンジの時期」は買い時!

新車の買い時として、モデルチェンジがあるタイミングもおすすめです。

車種によっては5~7年くらいの間隔でモデルチェンジが行われるケースがあり、モデルチェンジが発表されると新しい車種を購入するために古い車種を買い控える方が出てきます。

やっぱり購入者からすると、あと少ししたら新モデルが出ると分かっていれば、新しい機能などが期待できる新モデルを買いたいですよね。

とはいえ、もちろん旧モデルも販売し続けるわけなので、販売店側は古い車種も売りたいと考えています。
そのため、古い車種に対して値引きに応じてくれやすくなることもあるんです。

新しい車種の方が良いという方もいるとは思いますが、安く買うことを重視すればモデルチェンジのタイミングもおすすめできます。

 

2、新車を安く購入するコツ!

新車を安く購入するためには、買い時を見極めることも大切ですが、コツを活かしながら安く購入することも大事です。
特に値引き交渉術やローン金利は重要なので、しっかり確認する必要があります。

そこでここからは、新車を安く購入するコツを解説していきます。

2-1. 相見積もりを取る!

新車を安く購入するには、相見積もりを取るのもおすすめです。

相見積もりは複数の販売店に見積もりを出してもらって比較する方法で、その中から最安値のものを選ぶことができるというメリットがあります。

また、見積もり交渉時に他の見積書を見せることで、より値引き交渉に活かすこともできますね。
相見積もりを取る際には、系列ディーラー同士を比較してもあまり意味がありません。

比較するときには、系列が異なる販売店同士を比較すると良いでしょう。
ちなみに、相見積もりをするとなると時間がかかるので、できるだけ早めにやっておくことをおすすめします。

2-2. オプションの値引き交渉!

新車を安く購入するには、オプションを値引きしてもらうのがおすすめです。

新車を値引きしてもらう際には、どうしても車両本体を値引きしてもらおうとしますよね。
ただ実はオプションの方が値引きは応じてもらいやすいんです。

車両の本体価格は仕入れ価格もあるのでなかなか値引きしにくいですが、オプションであれば利益率もそこまで高くないので値引き交渉がしやすいです。

また、オプション代金といって結構かかります。
カーナビでも10万円以上はしますし、オプションを充実させると20万円を超えるケースも少なくありません。

なので、オプションを値引きしてもらうことで、十分安く新車を購入することができます。

2-3. ローンや自動車保険への加入を検討!

新車を安く購入したいなら、ローンや自動車保険への加入を検討するのも1つの手ではあります。

販売店側としてもできれば値引きをせずに売りたいと考えていますが、ローンや自動車保険を利用してくれるのであれば値引きに応じてくれることも多いです。

新車購入時にローンや自動車保険に加入すると、販売店に手数料が入るので儲けることができます。
そのため、ローンや自動車保険に入ることを伝えたうえで、値引き交渉をすると値引きに応じてくれやすいんです。

もちろん、ローンや自動車保険を利用するとなると、金利や支払いが発生するので万人におすすめすることではありません。
ただ、ローンなどは利用する方も多いので、どうせ利用するなら値引き交渉に使ってみてはいかがでしょうか。

2-4. 低金利ローンを活用!

新車を安く購入するなら、低金利ローンを利用するのもおすすめです。
新車購入時に支払う金額は、車両価格だけではなく利用するローン金利によっても変動します。

例えば、ディーラー系ローンの場合は金利約5~7%であることが多いですが、銀行系ローンであれば約2~4%と低金利であることが多いです。

銀行系ローンは審査が厳しいことで有名ですがその分金利は低く、逆にディーラー系ローンや信販系ローンの場合は金利はほどほどで審査が優しいという特徴があります。

金利は販売店によって異なるので、できるだけ低金利のローンが組める販売店を選ぶのがポイントです。
基本的にローン金利は販売店のホームページなどに掲載されているので、事前に確認しておきましょう!

3、低金利で新車を安く購入するなら【ウッドベル】

新車を安く購入するなら、低金利ローンを利用する必要があります。
低金利ローンを利用したいなら「ウッドベル」がおすすめです。

ウッドベルならどのメーカーを選んでも金利2.5%で一律なので、自由に車種を選択することができます。
また、金利の変動もないので、最終的に支払う金額が分かりやすいです。

ちなみに、ウッドベルの金利は金利2.5%ですが、ディーラー系ローンの金利が約5~7%といわれているのを考えると低金利ということが分かりますよね。

さらに、ウッドベルでローンを組む場合、頭金0円・ボーナス払い0円でも対応しているので、頭金を用意できない方でも利用することができます。

また、ウッドベルは新車価格が安く、オプションが無料でついてくるのも魅力です。
ウッドベルでは、たくさんの新車を入荷しているので、その分1台の価格を抑えることができています。

さらに、約20万円相当のオプションが無料でついてくる新車も多数あるので、かなりお得に新車が購入できるんです。
具体的には

・カーナビ:約10万円
・ドライブレコーダー:約3万円
・ETC:約2万円
・メンテナンスパック:約4万円

などのセットが無料でついてきます。
どれも設置する方が多いオプションばかりなのでかなりお得です。

ちなみに、ウッドベルでは新車購入のご相談にも対応しておりますので、ぜひお気軽にお問合せください!

4、新車の買い時を見極める際の注意点!

新車の買い時を見極めることは、新車を安く購入する上で大切です。
ただ、買い時を決める際には注意点もあります。

そこでここからは、新車の買い時を見極める際の注意点をご紹介します。

4-1. 買い時時期の1か月前から交渉スタート!

新車の安い時期が決算期の3月、中間決算期の9月ということは解説しましたが、それぞれの対象月から新車を探し始めても遅いです。

販売店がこの時期にセールを行っているのは、売り上げを少しでも伸ばしたいからですが、車は車両登録をして初めて売り上げになります。

そのため、決算期であれば3月末、中間決算期であれば9月末までに契約が完了していなければキャンペーンや値引きの対象外になるケースもあるので注意が必要です。

安く新車を購入するために買い時を狙うのであれば、買い時の1か月前くらいから交渉をスタートするのがおすすめです。
決算期であれば2月から、中間決算期であれば8月くらいから見積もりを開始することで余裕をもって購入手続きができます。

4-2. 車選びには時間がかかる!

新車購入時に買い時を狙うという方の中には、購入したい月になってから新車選びをスタートしている方がいます。
ただし、新車選びには意外に時間がかかるので、早めに準備をスタートする必要があります。

新車を購入するまでには

・新車購入の予算や条件選び
・実際に購入する新車選び
・相見積もり
・契約
・納車

といった工程が必要なので、意外に時間がかかるんです。
特に車は安くても100万円程度は費用がかかる大きな買い物なので、ほとんどの方が悩みます。

予算や見た目、機能などよく考えれば考えるほど迷うので、決定するのに時間がかかる場合もあるでしょう。
なので、少なくとも1か月程度余裕をもって新車選びをスタートするのがおすすめです。

このように、新車購入には意外に時間がかかるので、できるだけ早めに始動しておくことをおすすめします。

5、まとめ

新車の買い時は、決算期の3月、中間決算期の9月、ボーナス期の7月・12月などが狙いどころですが、モデルチェンジが控えている場合はその時期もおすすめです。

また、買い時以外にも値引き交渉や低金利ローンを利用することで、格安で新車を購入することができます。
ちなみに、低金利ローンを利用するなら「ウッドベル」がおすすめです。

ウッドベルなら全メーカー金利2.5%一律固定なので、どの車種でも低金利ローンが利用できます。
ぜひ、お気軽にお問合せください。

【低金利2.5%】カーローンが安い!

三重県松阪市の新車ディーラー「ウッドベル」よりカーローンの金利値下げのご案内 ウッドベルの新車通常金利は3.9%です。 この金利でもディーラーの中では十分低い方でしたが、今回さらに金利を下げるキャンペ ...

ウッドベルお問い合わせ

サイト内検索はコチラ

-新車購入ガイド

Copyright© ウッドベル新車情報サイト , 2021 All Rights Reserved.