新車購入ガイド

新車を安く買う方法とは?7つの交渉術+購入タイミングを徹底解説!

新車を買うときには、できるだけ安く購入したいですよね。でも、安く買う方法が分からないという方も多いと思います。
実は新車を安く買うには、交渉やローン金利について理解しておく必要があるんです。

そこでこの記事では

・新車を安く買うための交渉術
・新車を安く買うのにおすすめのタイミング
・新車を安く買うために重要なローン金利
・新車を安く買うときの注意点

について詳しく解説していきます。
この記事を読めば、新車を安く買うコツが分かるので、ぜひ新車購入を検討する前に見てくださいね!

 

1、新車を安く買うための7つの交渉法!

新車を安く買うためには、値引き交渉を効果的に行う必要があります。
ただ、値引き交渉に慣れていないとなかなか難しいですよね。

そこでここからは、新車を安く買うための7つの交渉法を解説します。

1-1. 同車種で相見積もりを行う

新車を安く買うためには、同車種で相見積もりをするのが効果的です。
相見積もりというのは、複数社で見積もりを出してもらい比較する方法で、値引き交渉をするときに役立ちます。

相見積もりをすることで、複数社から見積もりを出して比較することができるので、最安値の新車を購入することができるんです。
また、見積もり時に別販売店の見積もりを見せることで値引き交渉の道具としても使えます。

ちなみに、ディーラー同士で相見積もりをする場合、同じ車種・メーカー車で見積もりをした方が効果的に見積もりができるので覚えておくと良いでしょう。

ライバル車の値引きはなかなか難しいので、同じ系列(トヨタ系・日産系など)同士で見積もりを競わせると値引きがしやすいのでおすすめです。

1-2. 営業担当者と信頼関係を築く

新車を安く買うためには、営業担当者と信頼関係を築くことが大事です。

お客と従業員という関係性だと、どうしても横柄な態度を取ってしまいがちですが、営業担当者も人間なので横柄な態度を取られると頑張って値引きをしようという気持ちが薄れてしまいます。

また、直接的に値引きに影響するかは分かりませんが、印象を良くすることで間接的に良い影響を与えることが可能です。
営業担当者とは積極的にコミュニケーションを取りながら信頼関係を築くと良いでしょう。

1-3. 買う意思があることをしっかり伝える

新車を安く買うためには、新車を買う意思があることをしっかりと伝えることが大事です。

販売店側も新車を購入してくれるだろうと考えているから値引きに応じているので、購入する気がない方に対しては値引きを渋りたくなりますよね。

そのため、ある程度新車購入の話がまとまったら、今回はその販売店で購入する意思があるということをしっかりと口にすることが大事です。

そうすれば、購入意思があることを伝えることができるので、販売店との交渉もスムーズに進みやすくなります。

1-4. 希望額もしくは値引き希望額を明確にする

新車を安く買うためには、購入希望額もしくは値引き希望額を明確にしておくことが大事です。

値引き交渉をする際に、なんとなく安くなればいいくらいの気持ちで交渉をスタートする方が多いですが、それだと引き際が分からずうまく交渉が成立しないこともあります。

一方で、最初から目標金額や値引きしてほしい金額を決めておけば、区切りを決めて値引き交渉を終了できます。
ちなみに、値引き金額の目安は以下の記事でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

新車の値引き相場はいくら?値引き交渉のコツまで徹底解説!

新車購入時に値引き交渉をする方は多いと思いますが、どれくらいまで値引きできるか知っていますか? 実は値引き交渉をするときには、値引き額の相場を知っておかないとうまく値引きをすることができないんです。 ...

1-5. オプションを値引きしてもらう

新車を安く買うためには、オプションを値引きしてもらう方法もおすすめです。

値引きというと、車両価格を値引きしてもらうことをイメージする方も多いと思いますが、車両価格はある程度相場が決まっているので大幅な値引きは難しいでしょう。

一方で、オプションの場合は比較的値引きがしやすい分野で、販売店側としても利益率としてはそこまで高くありません。

そのため、オプションの値引きに応じてくれる店舗は多いです。
なかなか値引き交渉がうまくいかないときはオプションの値引きにチャレンジしてみると良いでしょう。

1-6. 現在持っている車を買い取ってもらう

新車を購入しようとしている方の中には、今現在車を保有している方もいると思います。
そんな方は、現在持っている車を買い取ってもらい新車購入費用に充てることで、実質値引きをすることが可能です。

自動車買取りというと中古車販売店のイメージがありますが、ディーラーでも買取りを行っているところも多くあります。
今車を持っている方はぜひ、買取りまでお願いしてみると良いでしょう。

1-7. ローン払い・自動車保険への加入を検討する

新車を安く買うには、ローン払いや自動車保険への加入を検討すると良いでしょう。

一見、値引きと関係なさそうですが、ローンや自動車保険へ加入すると販売店に手数料が入る仕組みになっているため、ローンや自動車保険に加入することで、車両価格の値引きに応じてくれるケースもあるんです。

もちろん、ローンや自動車保険に入るということは支払いが発生するということなので、支払いができるか計画を立てる必要はあります。ただ、最初から利用するつもりなら値引き交渉に使うことも可能です。

例えば、

「5年ローンを組む代わりにオプション価格を値引きしてほしい。」
「自動車保険に加入する代わりに値引き額を勉強してほしい」

などと交渉してみると、値引き額が増えることもありますよ。

2、新車を安く買うことができるタイミングとは?

新車を安く買うためには、単純に値引き交渉を頑張るだけではなく、購入するタイミングも大切です。
新車というのは一般的に、いつ購入しても同じ価格というわけではなく、安いタイミングがあります。

そこでここからは、新車を安く買うことができるタイミングをご紹介していきます。

2-1. 決算・中間決算・ボーナス時期は値引き交渉がしやすい

ディーラーで新車を安く買うなら、決算・中間決算・ボーナス時期を狙って買うのがおすすめです。
それぞれの時期は

決算期:3月
中間決算:9月
夏のボーナス期:6~7月
冬のボーナス期:11~12月

と考えられています。

決算期というのはその年度末の売り上げ成績が決まる月なので、販売店側は値引きセールなどを行って販売台数を伸ばそうとする時期です。

この時期はかなりお得に購入できるので、2~3月にかけて契約を完了できるように計画を立てると良いでしょう。
また、合わせて9月も中間決算期で売上を意識するので、この時期も値引きがしやすいです。

新車購入を急がないという場合は、決算・中間決算時期を狙って購入してみましょう!
さらに、ボーナス期も新車が安くなりやすいです。

ボーナス期は、ボーナスが入って車を買い替えようという層に向けてキャンペーンなどを打ち出す時期なので、安く新車を買うなら狙い目といえます。

ちなみに、これらの時期というのは安く新車が購入しやすいですが、契約時期には注意が必要です。
基本的に契約を完了した時点の日時が売り上げの日時になります。

そのため、例えば決算期を狙って購入する場合、3月末に交渉を開始してしまうと契約が4月になってしまうこともありますよね。

こうなると、値引き額が少なくなるケースもあるので、最大限安く買いたいならタイミングの1か月前くらいから交渉をはじめると良いでしょう!

2-2. 車種のモデルチェンジの時期も狙い目

決算や中間決算時期以外にも、車種のモデルチェンジの時期は値引き交渉がしやすい時期といえます。

車種によってはモデルチェンジをして新しい車種が出ることがありますが、モデルチェンジは一部を改良するマイナーモデルチェンジと、大幅に見た目や性能を改良するフルモデルチェンジに分かれます。

また、モデルチェンジは5~7年周期ぐらいで行われることが多く、モデルチェンジが決まると一定数新しいモデルを購入したい層が出てきます。

こうなると従来モデルの売り上げが落ちる原因になりますよね。

販売店としては従来車も販売しないといけないので、ここで従来のモデルを購入するから値引きしてほしいというと、値引きに応じてくれるケースがある訳です。

購入したい車がモデルチェンジするのであれば、その事実を利用して値引き交渉をしてみましょう。

3、新車を安く買うにはローン金利の高さも重要!

新車を安く買うためには、ローン金利の高さも重要なポイントです。
カーローンを借りると金利が少なからずかかりますが、金利の高さはローンの種類によって異なります。

一般的には

・銀行系ローン:約2~4%
・ディーラー系ローン:約5~7%
・信販系ローン:約2~8%

といわれています。
販売店によっても金利が異なるため、できるだけ低金利のローンを選択することが大事です。

低金利ローンを利用した方が最終的に支払う金額も少なくなりますし、月々の支払い金額も減るので、できるだけ低金利ローンが良いです。

ちなみに、ローン金額がどれくらい返済に影響するかは以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【低金利2.5%】カーローンが安い!

三重県松阪市の新車ディーラー「ウッドベル」よりカーローンの金利値下げのご案内 ウッドベルの新車通常金利は3.9%です。 この金利でもディーラーの中では十分低い方でしたが、今回さらに金利を下げるキャンペ ...

 

4、新車を安く買うことができる販売店の特徴!

新車を安く買うためには、新車を購入する販売店選びも大切です。
先ほどローン金利の高さが最終的な支払金額の総額に関係してくるという説明をしましたが、販売店によってローン金利は違います。

そこでここからは、新車を安く買うことができる販売店の特徴についてご紹介していきます。

4-1. 扱う新車台数が豊富

扱う新車台数が豊富な販売店は、新車を安く買うことができる可能性があります。
扱う新車台数が豊富ということは、販売店はそれだけたくさんの台数をメーカーから仕入れをしているということです。

仕入れ台数が多いということは、その分1台の利益は少なくて済むということなので、その分値段を格安に設定している場合があります。

また、単純に選択肢が多くなるという意味でも新車台数が多い販売店で購入するのがおすすめです。
販売店を選ぶときには、ホームページや電話等で新車台数を確認してみてくださいね!

4-2. 低金利ローンを売りにしている

新車を販売する販売店にはそれぞれ個性がありますが、低金利ローンを売りにしているところを選ぶのもおすすめです。

先ほど、低金利ローンの方がお得に新車を購入できるという話をしましたが、基本的には銀行系ローンが一番低金利であるといわれています。ただし、銀行系ローンは手続きが面倒で審査も厳しめです。

一方で販売店の中には銀行系ローン並みの低金利を売りにしている店舗も少なくありません。
また、審査や手続きも銀行系ローンに比べると簡単であるケースも多いですね。

利用できる範囲に、低金利ローンを利用できる店舗がない場合もあると思いますが、できるだけローン金利が安い店舗を利用することをおすすめします。

4-3. キャンペーンを頻繁に実施している

安く新車を買うなら、キャンペーンを頻繁に実施している販売店を利用するのがおすすめです。

例えば、「オプション無料プレゼントキャンペーン」や「低金利ローンキャンペーン」、「メンテナンス費用パック」などを用意している店舗もあるので、ホームページ等で確認したうえでうまく利用すると良いでしょう。

その他にも、ボーナス時期にキャンペーンを実施しているところもあるので、定期的にキャンペーン情報を確認してみてくださいね。

5、新車を安く買うなら【ウッドベル】がおすすめ!

新車を安く買うなら「ウッドベル」がおすすめです。
ウッドベルなら、新車の車両価格が安いだけではなく、ローン金利も低金利なのでトータルで見てもかなりお得に新車を購入できます。

ウッドベルでは、豊富な新車台数を仕入れているので、1台の車両価格が安いです。
また、ローン金利に関しても全メーカーで2.5%と一律となっています。

さらに、金利の変動もないので、長期ローンを利用したとしても支払い金額が分かりやすいです。
また、頭金0円・ボーナス払い0円にも対応しているのも魅力ですね。

ちなみに、それ以外にも

・オプションが無料でついてくる新車が豊富
・全メーカーから車種が選べる

という魅力があります。

ウッドベルなら、総額20万円以上の価値があるオプションが無料でついてくる新車が豊富です。
具体的には

・カーナビ:約10万円
・ドライブレコーダー:約3万円
・ETC:約2万円
・メンテナンスパック:約4万円

などがパックでプレゼントされます。
どれも新車にはよく設置するオプションばかりなので嬉しいですよね。

ホンダ フィットの新車情報|気になる最新値引き情報もお届け!

2020年2月に登場した新型フィットは、販売台数でトヨタの上位独占に待ったをかける一番手! ホンダファン期待の新型車の実力は? それでは早速新車フィットの情報を見ていこう。   新車の値引き ...

また、ウッドベルでは、全メーカーから車種を選ぶことが可能です。
まだどのメーカーの車種を選ぶか決めていない方でも、安心して利用することができます。

このように、ウッドベルは新車を安く買うことができるだけではなく、新車を選ぶうえでも利用しやすい販売店です。
新車購入のご質問にもお答えしておりますので、ぜひお気軽にお問合せください!

6、新車を安く買う上での注意点!

新車を購入する際には、どうしても安く買うことに集中してしまいがちですが、注意すべきポイントもあります。
特に値引き交渉時にあまりに値引きを焦りすぎると良くありません。

そこでここからは、新車を安く買う上での注意点をご紹介していきます。

6-1. 値引き交渉では焦らないことが大事

新車を安く買いたいという気持ちは分かりますが、値引き交渉時に焦りすぎるのは禁物です。

話し合いが始まってすぐに値引きの話を切り出したり、高圧的に値引きを迫ったりする方もいるようですが、それでは販売店側も値引きに応じにくいです。

値引きというのはあくまで販売店側の努力であって、必ずしてもらえるものではありません。
販売店側も今後も長い付き合いになりそうなお客さんであれば、値引きをして満足してもらいたいという思いがあります。

最初は店舗側の話を聞きつつ信頼関係を築いていき、ある程度話がまとまった段階で値引き交渉をするのが大切です。

6-2. ある程度値引きができたら妥協することも大事

値引き交渉をしてできるだけ安く買うことも大事ですが、ある程度値引きができたら妥協することも大事です。

値引き交渉をしていると、値引きに成功したのに高望みをしてしまうケースもありますよね。
ただ、そうなるとせっかく決まりかけた契約がなかったことになり、振出しに戻ってしまうケースもあります。

値引きをすることも大事ですが、ある程度成果が出たら妥協して契約することも大切です。

特に販売店側の反応はしっかり確認することをおすすめします。
値引き交渉中に販売店側が「これ以上は無理」といっているのであれば、そこで引くのがベストです。

それ以上交渉を続けてもなかなか値引きは難しいですし、あまり無理をしてしまうと販売店側との関係性が崩れてしまいます。
引き際を見極めるのは難しいですが、販売店側の気持ちになって考えてあげることも時には大事なんです!

7、まとめ

新車を安く買うためには、相見積もりを行い最安値の販売店を見つけたり、販売店側と信頼関係を築きながら値引き交渉を行ったりすることが大切です。

また、値引き交渉以外にも、新車を購入するタイミングを工夫することでより安く新車を手に入れることができます。
ただし、値引き交渉をするときには、あまり値引きにこだわりすぎるのも良くありません。

値引き交渉をするときには焦りすぎず、ある程度値引きに成功したら妥協することも大切でしょう。

ちなみに、格安で新車を購入するなら「ウッドベル」がおすすめです。
ウッドベルならローン金利も低金利ですし、新車価格も安いのでおすすめできます。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

ウッドベルお問い合わせ

サイト内検索はコチラ

-新車購入ガイド

Copyright© ウッドベル新車情報サイト , 2021 All Rights Reserved.