新車購入ガイド

【新車購入のメリット・デメリット】中古車とどちらを購入すべき?

皆さんは車を購入するときに「新車」と「中古車」のどちらを最初に検討しますか?
中にはすぐに決まる方もいるかもしれませんが、新車を購入したらいいか中古車を購入したらいいか分からないという方もいると思います。

そこでこの記事では、

・新車を購入するメリット・デメリット
・中古車を購入するメリット・デメリット
・結局、新車と中古車のどちらを選べばいいのか

について詳しく解説していきます。
この記事を読んでいただければ、新車か中古車か判断できるようになりますので、ぜひ最後まで見ていってくださいね!

 

1、新車を購入するメリット!

新車と中古車のどちらを購入するか迷っている方は、まずそれぞれのメリットを確認することが大事です。
新車というとなんといっても自分が最初に使うという優越感がありますよね。

そこでここからは、新車を購入するメリットを詳しく解説します。

 

1-1. 新車という満足感が得られる

新車といえばなんといっても、自分が初めて使用するという満足感を得られる点がメリットですよね!

自分が選んだ車に初めて乗るというのはワクワクする方が多いと思います。
特に新車の場合は、自分の好みの内装や設備にこだわることもできるので、満足感は大きいです。

また、中古車のように使用感もないので、思う存分愛車を使うことができます。
周囲の人たちからも「新車に乗り換えたの?」って言われると気分も上がります。

この満足感は新車を購入した方の特権といえるでしょう!

 

1-2. 中古車より保証が手厚い

新車は中古車に比べると保証が手厚くしっかりしている点もメリットです。

新車を購入する際には「新車保証」がついてくるので、一定期間もしくは一定の走行距離までであれば、車の不具合や故障に対して補償が受けられます。

中古車の場合は、故障をした場合でも自費で支払う必要があることを考えるとお得です。

また、新車保証は一般的に新車購入から3~5年以内、もしくは6万㎞までが保証対象となります。

ちなみに国産メーカーは保証が手厚いです。
特別保証は、5年又は10万km
一般保証は、3年又は6万km
という車が多いです。

輸入車の場合は、追加で保証延長オプションを新車購入時に付帯することで長期保証を受けられます。

車の修理などにはかなりお金がかかることもあるので、こうした保証は購入者にとってはありがたいサービスでしょう。

 

1-3. オプションやグレードを自由に選択できる

新車を購入する場合、中古車と違いオプションやグレードを自分好みに変更しやすいです。

新車の場合は初の使用者が自分なので、内容や外装・カーナビなどの設備を含めて自由に選択することができます。
また、グレードなども細かく選択することができるので、自分好みの車に仕上げることができるんです。

中古車だと後からオプションを追加すると費用が多くかかる場合も。
また、自分の好みの中古車を探そうとしても、内装や外装・グレードなどすべての面で納得できる車を探すのは難しいですよね。

新車を購入するメリットは自分好みの車を購入しやすいという点が大きいといえます!

ちなみに、ウッドベルではメーカーオプションも選ぶことができますし、総額20~30万円相当のオプションが無料でプレゼントされる新車もあります。

ぜひ、お気軽にお問合せください!

1-4. エコカー減税を受けられる

新車を購入することで、エコカー減税を受けることができます。
そのため、自動車重量税・自動車税・軽自動車税を減税することが可能です。

エコカー減税は中古車も対象にはなっていますが、新車に比べると要件が厳しく、エコカー減税の対象外となるケースも。
ちなみに、エコカー減税の内訳としては新車購入時および初回の継続車検時に自動車重量税が25~100%減税。

また、自動車税・軽自動車税は新車登録後の初回納税時に25~75%減税されます。

すべての新車がエコカー減税されるわけではありませんが、軽自動車でいうとスズキのハスラーやダイハツのタント、普通車ならトヨタのプリウス、日産のリーフなど各メーカーに対象車があるので探してみると良いでしょう。

 

1-5. 最新機能付きの車に乗れる

新車を購入するということは、最新機能付きの車に乗ることができるということです。
最新機能付きの車に乗れるというのは、新車を購入する大きなメリットといえます。

中古車でも新しい車種はあるが、車間距離を自動で維持してくれる機能やリモコンなしで解錠ができるスマートキー、駐車支援機能など最新の機能がついた車はあまり出回っていません。

さらに、今後搭載される車が増えると考えられる機能としては、

・スマートキー
・プッシュスタート
・セーフティーセンス
・駐車支援機能
・車線変更などの一部の自動運転機能
・ヒューマンセーフティ
・オートマチックハイビームなど

があります。

どれも運転時に便利な機能ばかり。
今後は自動運転車などが出てくることを考えると、新車を購入することで新しい機能が使えるというのはメリットですね。

 

1-6. 新車特約を利用できる

自動車保険で車両保険を付帯する方は年々増えています。

新車を購入する際には、新車特約という自動車保険を利用することができるのでおすすめです。

新車特約は新車購入時に加入できる自動車保険で、全損や半損など購入時価格の50%以上修理費が必要な場合に保険金を受け取ることができます。

車両保険でも保証は受けることができますが、事故を起こした段階での市場価格をもとに保険金が決まるため、200万円で車を購入していても実際にはそれ以下の金額しかもらえないことが多いです。

一方で新車特約の場合は、事故を起こした段階で市場価格が下がっていても差額分は補償されるので、購入時の価格200万円の保険金が支払われます。

新車購入後に事故をしてしまい、修理や買い直しが必要なんてことになると目も当てられませんよね。
万が一のことを考えると新車特約は利用して損がない保険といえます。

自動車保険は、説明を聞かずに毎年更新している方も多いです。
10年前と比べて、等級制度が改定されていたり、保障内容が変わっていたりと内容はどんどん変わっています。

自動車保険についても、車の乗り換えを機会に見直してみるのがいいでしょう。

 

2、新車を購入するデメリット!

新車を購入するのはメリットが多いですが、デメリットも押さえておく必要があります。
デメリットを知らないまま、新車を購入して後悔するのは嫌ですよね。

そこでここからは、新車を購入するデメリットを解説していきます。

 

2-1. 価格が中古車に比べると高い

新車を購入するデメリットとして、価格が中古車に比べると高いところが挙げられます。
車の本体価格だけを見ても中古車の方が新車より安いため、できるだけ安く車を購入したい方にはデメリットです。

【具体例:普通車】

【トヨタ:プリウスα】 【目安の価格】
新車 2,612,500円
中古車(2017年式) 1,900,000円

【具体例:軽自動車】

【スズキ:スペーシアHYBRID X】 【目安の価格】
新車 1,524,600円
中古車(2017年式) 1,190,000円

このように、新車の場合基本的には中古車より高くなってしまいます。
とはいえ、新車でも値引きやキャンペーンなどを利用することで安くすることは可能です。

新車を購入する際には、販売店でキャンペーンなどを開催してないか確認すると良いでしょう!

 

2-2. 納車までに時間がかかる

新車は納車までに時間がかかる傾向にある点はデメリットといえます。
中古車だと早くて2週間程度で納車が完了しますが、新車の場合は1~2か月待つことも少なくありません。

例えば、スズキのジムニーは人気と生産が追い付いていなくて、1年待ちという状況です。

購入した車がすぐに来なくても問題ない場合は良いですが、早く乗りたい場合や仕事で使用する予定がある人は購入するタイミングを考える必要があります。

3、4か月以上の納期のかかる新車の場合は、下取査定が納車時になることもありますから、十分確認したいですね。

2-3. 生産が終了した車は購入できない

新車の場合、生産が終了した車は購入することができない点はデメリットといえます。
新車は今現在生産している車からしか選択することができないため、中古車に比べると選択肢が少ないです。

特に生産が終了したモデルは購入できないので、古いモデルの車に乗りたい方は中古車から選ぶことになります。
また、いつモデルチェンジするかはメーカーによって異なるというのも不安材料ではありますね。

車種のモデルチェンジなどは、メーカーのホームページなどで確認できるので、お目当ての車種がある方は確認しておくと良いかもしれません。

ステーションワゴンやセダンの人気は低下しているため、新型車が不足気味です。
そうした好みによっては、程度の良い中古車がいいかもしれません。

 

3、新車じゃなくて中古車の購入はどうなの?

ここまでで新車を購入するメリットやデメリットを解説しましたが、中古車の購入はどうなのか気になりますよね?
中古車も新車同様にメリットもあれば、デメリットもあります。

そこでここからは、中古車を購入するメリット・デメリットを簡単に解説していきます。

 

3-1. 新車に比べると価格が安い

中古車は新車に比べると車体価格が安いというのがメリットです。

中古車の価格は車の年式や走行距離、車の状態などから総合的に判断されますが、乗っていた年数が長いほど価格は下落する傾向にあります。

また、新車登録して1,2年で新車価格から大きく下落する車種もあります。こうした車種の場合は、新車より価格の下がり目を狙って中古車を購入するのもいいですね。

価格が安ければいいというわけではありませんが、安く車を手に入れたい場合は中古車も選択肢になります。

ちなみに、中古車でも人気車種になると新車とほとんど変わらないくらいの価格で販売されているケースも。
人気車種を購入する場合は、事前に価格相場を確認しておくと良いでしょう!

 

3-2. 使用済みである点はデメリット

中古車の最大のデメリットというのは、一度誰かが使用しているというところですね。

中古車といっても数か月しか乗っていないものや、実際にはほとんど使用していない車もありますが、少しでも使用しているということは車内や外装に変化がある可能性があります。

特に走行距離がかさんでいるものや、年数が経っているものは車体自体の傷や車内の使用感などが気になるケースも。
また、気分的にも誰かが使ったものを使うのに抵抗がある方もいるかもしれませんね。

そのため、中古車は使用感がある車は絶対に嫌だという方には向いていません!

ただ、電子タバコの普及や喫煙する人の割合は年々減少しているので、昔ほどタバコのにおいがひどい中古車は減っています。

どこまで妥協できるかが中古車選びの場合はポイントです。

 

4、結局【新車】と【中古車】どちらを購入すべき?

ここまでで、新車と中古車のメリット・デメリットを解説してきました。
ただ、結局どちらを購入すればいいのか分からないという方も多いと思います。

そこでここからは、結局のところ新車と中古車のどちらを購入すべきなのか解説していきます。

 

4-1. 自分にあった車に乗ることを重視するなら【新車】

自分に合った車に乗ることを重視するなら新車購入がおすすめです。

新車であれば、オプションやグレードを自分の好みのものに変更しやすいし、車の内装や外装にもこだわることができます。
また、新車であれば長い期間乗り続けられるので、自分好みの車に仕上げて大切に乗り続けたい方には新車がおすすめです。

特に走行距離が長い中古車になると、購入して乗っている間に不具合が発生するリスクも高くなります。
長期的に乗るということを考えると新車に軍配が上がりますね。

ちなみに、最近では新車でもオプション料金が割引になったり、大幅な値引きをしてくれたりするディーラーや販売店もあるので、そうしたところを利用して少しでも安く購入するのもおすすめですね。

 

4-2. 価格を抑えながら好みの車に乗りたいなら【中古車】

価格を抑えながら好みの車に乗りたいなら中古車がおすすめです。

中古車は新車に比べると車本体価格が安く、車種自体も豊富というメリットがあります。
また、中古車店であればいろいろな車種・メーカーの中なら選択することができるので、選択肢が豊富ですね。

とはいえ、新車と違い特別感はなくなりますし、使用感という意味では新車には劣ります。
なので、価格を抑えつつある程度自分の好みを満たす車に乗りたい方に中古車はおすすめです。

また、中古車は比較的価格が安いので、車を定期的に乗り換えたいという方は中古車を選択するのも良いでしょう。

ちなみに、中には新車と中古車のいいとこ取りがいいという方もいるはず。
そういう方は、未使用車(新古車)という選択肢もあります。

未使用車(新古車)は中古車の中でも使用期間が短い車のことです。
あまり使用感がある車は嫌だけど、新車よりは安い方が良いという方は検討してみてはいかがでしょうか!

 

5、安く新車を購入するなら【ウッドベル】

新車を購入する決意を固めた方であれば、安く新車を購入したいですよね。
安く新車を購入したいなら「ウッドベル」がおすすめです。

ウッドベルはディーラーよりも扱う新車台数が多いので、価格を安く提供できています。
また、総額20万円相当のオプションがついてくる新車も多くあるのでお得です。

ちなみに、無料でついてくるオプションについては

・カーナビ:約10万円
・ドライブレコーダー:約3万円
・コーティング施行:約5万円
・メンテナンスパック:約3万円

などがあり、オプションをたくさんつけたい方にとってはありがたいですよね。
ちなみに、オプションパックについては公開されているので、あらかじめ確認したうえで購入を検討することが可能です。

また、オプションパックが無料でついてくるので、面倒で時間のかかる値引き交渉の手間がかかりません。
新車の購入にかかる時間を短縮できるところもウッドベルの強みといえます。

さらに、ウッドベルの魅力として

・ローン金利が一律で固定されていて低金利
・メーカーオプションも選択可能

というものがあります。

まず、ウッドベルではローン金利が全メーカー2.5%で一律固定なので、ローン金利を気にせず車種選びが可能です。
ちなみに、ディーラー系ローンの金利が約5~8%といわれていることを考えると、ウッドベルのローン金利は低金利といえますね。

さらに、ローンでいうと審査時間が短い点も魅力です。
一般的にはローンを組むときには、審査が完了するまでに数時間~数日かかるケースもあります。

一方で、ウッドベルでは所得証明や給与振り込み指定などが必要ないので、最短で30分程度で審査結果が出ます。
待ち時間が少ないというのは、購入するときの負担が軽減できますよね。

また、ウッドベルではメーカーオプションを選択することが可能です。

メーカーオプションというのは、メーカーそれぞれが用意しているオプションのことで、ディーラー以外で新車を購入する場合は選択肢に制約があることも少なくありません。

しかし、ウッドベルでは

・グレード
・カラー
・内装
・メーカーオプション
・ディーラーオプション

などを自由に選択することができます。
そのため、新車を購入するにあたって、こだわってオプションを装備したいという方でも満足していただけます。

このように、ウッドベルでは、格安で新車が購入できるだけではなく、オプションの選択肢も充実しています。
新車を購入するというときには、ぜひウッドベルにお問合せください!

6、まとめ

新車を購入するか中古車を購入するかで迷ったときには、自分の車に対する価値観や何を重要視するかを考えたうえで選択することが大事です。

例えば、新車を購入することで満足したい方や、自分好みの車にして長期間乗りたいのであれば新車がおすすめ。
逆に頻繁に乗り換えたい方は中古車の方が向いているでしょう。

どちらを選ぶかは最終的に本人が決めることですが、どちらにしても後悔のないようにしっかりと考えて決めてみてくださいね!

ちなみに、格安で新車を購入するなら「ウッドベル」がおすすめです。
展示の中古車や未使用車と比較して予算を検討することも可能です。

車選びで困ったらウッドベル!ぜひ、お気軽にお問合せください!

ウッドベルお問い合わせ

サイト内検索はコチラ

-新車購入ガイド

Copyright© ウッドベル新車情報サイト , 2021 All Rights Reserved.