新車購入ガイド

【未使用車とは?】新車比較と購入する際の注意点を解説

新車ではないけど未使用?な車がありますが、未使用車は中古車なのか新車なのか分からないという方もいるでしょう。
実は未使用車は中古車の一種でありながら、状態は新車に近いという特徴があるんです。

そこでこの記事では

・未使用車とは? ・新車と未使用車の違い ・未使用車のメリット・デメリット ・未使用車を買う際の注意点

といった内容を解説します。
この記事を読めば、新車と未使用車の違いや新車・未使用車のどちらを選ぶにしても賢くお得に購入できる方法が手に入るのでぜひ、最後までご覧ください。

1、そもそも未使用車とは?

未使用車と聞いて新車なのか中古車なのか分からないという方もいると思います。
実は、未使用車は中古車に位置付けられるもので、正式には「登録済み(届出済み)未使用車」と呼ばれています。

以前は新古車と呼ばれていましたが、今では消費者に誤解を与えかねないという理由から未使用車や登録済み未使用車といわれるようになっています。

未使用車は、新車ショールームのデモカーや展示車を販売するものと思っている方が多いと思います。確かにそういう車も世の中には多く存在し、展示していた分割安で販売されています。輸入車なら新車との価格差はとても大きいですね。

でも世の中には、大手中古車販売店を中心に未使用車が溢れています。どうして未使用車が生まれるかというと、ディーラーや販売店では提携しているメーカーから目標販売台数を課せられるので、目標を達成するために自社登録をすることがあるのです。メーカー同士の販売台数競争やメーカーの生産台数を維持するために作られています。

ディーラーによっては最初からこの台数を見越していることもあります。このケースでは最初から未使用車として新車を登録し、展示して販売することが多いです。

未使用車はディーラーや販売店が名義登録をしているものの、未使用であるため一般的な中古車と違い状態が良いのが特徴。中古車に分類はされますが、限りなく状態は新車に近いです。

ちなみに、未使用車は価格が新車より安いなどメリットがありますが、メリットについては以下の項目で詳しく解説するので、ぜひご覧くださいね。

2、新車と未使用車の違い【メリット編】

未使用状態の車なので、モデルも新しく新車に近いです。
ただ、未使用車にはそれ以外にも、新車にはないメリットがあります。

そこでここからは、新車と未使用車の違いとメリットについて解説していきます。

2-1. 未使用車の方が新車より価格が安い

新車が登録されナンバーが付いた中古車なので、時間が経過すると価格が下がっていきます。
そのため、未使用車の方が新車よりも車両価格が安いのが一般的です。

新車に比べると約1~2割程度車両本体価格が安い場合が多いので安く購入したい方にはおすすめです。ただ、車種によっては未使用車でもそれほど価格差がないものもありますから、しっかりと新車の価格を調べておきたいですね。

また、新車ではあまり人気が出ていない車もねらい目です。ディーラーっはメーカーノルマを達成するためにこうした新車を大量に登録し業者に転売していることが多いからです。新車から2割以上安くなっている車種がでることもあります。

2-2. 未使用車は新車より納車が早い

未使用車は新車に比べて、購入手続きから納車までの期間が短いので早く納車されます。

新車の場合、注文を受けてから製造・整備点検を行うので、購入(注文)から納車まで早くて1~2ヶ月、遅いと1年ほどかかります。

一方で、未使用車の場合はすでに製造が完了しており点検整備も短時間で済むので、数日程度で納品されることが多いです。
早く納車してもらいたいという場合は未使用車という選択肢もありですね。

3、新車と未使用車の違い【デメリット編】

新車と未使用車を比較しながらメリットをご紹介してきましたが、もちろん未使用車にもデメリットはあります。
実は未使用車はすでに製造済みということもあり、自由度は低めなのです。

そこでここからは、新車と新古車を比較しつつ、デメリットを解説していきます。

3-1. 未使用車はメーカーオプションが選べない

メーカーオプションが選べないという点はデメリットといえます。

新車の場合はグレードやオプションカラーなどをメーカーオプションとして設置することができますが、これは製造段階でしかつけることができないため、すでに製造されている未使用車では選ぶことができません。

新車で選ばれることが多いメーカーオプション
・オプションカラー
最近はパールホワイト以外に、ツートーンや3トーンなどカラーバリエーションが豊富です。
・アラウンドビュー、ナビ装着アップグレードパック
ナビを付けた際のカメラをメーカー装着します。後付けカメラに比べ見た目がスッキリしていて人気です。
・LEDヘッドライト
上位グレードのみの設定であったり、メーカーオプションになっていることがあります。近年のトレンドです。
・両側パワースライドドア
標準グレードの場合、左リヤドアのみのパワースライド設定で右リヤドアはオプションとなることが多いです。

未使用車は価格が安い分、自分好みの車にするのは難しいので車にこだわりがある方は新車がおすすめです。

3-2. 未使用車は新車と比べて車検までの期間が短い

新車の場合は登録から3年後に車検が実施されますが、未使用車の場合はすでに登録されている車を購入するので車検までの期間が短いです。

登録して間もない車であればそこまで気にすることもありませんが、登録から数か月・半年経っている場合は車検までの日にちが短くなります。

未使用車を購入する際には、車検までどれくらい期間があるのかも確認しておくと良いでしょう。
ただ車検期間が短い分だけ、価格が安くなっていくこともありますから価格重視ならそこがねらい目という方もお見えですね。

3-3. 未使用車は車両価格の値引きは少ない

未使用車というと新車よりも車両価格が安いのが魅力ではありますが、新車に比べると値引きはそこまで多くありません。

新車なら約1割程度値引きされることはありますが、未使用車は車両本体価格を下げているので値引きは期待できません。
また、車両本体価格が安かったとしても別途手数料や諸費用がかかるので、最終的には値引き率が高くならないケースもあります。

未使用車を購入する場合には、車両価格以外も考慮して本当にお得なのか確認することが大事です。

4、新車と未使用車のどちらがおすすめ?

ここまでで、新車と未使用車を比較してメリット・デメリットをご紹介しました。
ただ、結局どちらがおすすめなのか知りたいという方もいるでしょう。

そこでここからは、新車と未使用車のどちらがおすすめなのかについて解説していきます。

4-1. こだわるなら新車!安さ重視なら未使用車!

一般論として、車にこだわるなら新車、安さ重視なら未使用車がおすすめです。

新車は確かに車両価格は高いですが、その分メーカーオプションなど自分好みの車に仕上げることができます。
また、新車ということで自分だけの車に愛着を持てるのも魅力といえますね。

一方で、未使用車は車両価格が安いですが値引き額がそこまで多いわけではありません。安く購入できる可能性も高いですが、メーカーオプションなどを付けられないので、自由度でいうと新車には劣ります。

結論としては新車も未使用車もそれぞれメリット・デメリットがあるので、自分が車に何を求めるのかを考えたうえで選択する必要があるでしょう。

ただ、目安としては車にこだわりを持っている方は新車。できるだけ安く購入したいけど中古車は嫌だという方は未使用車がおすすめですね。

4-2. 支払い総額やサービス面など総合的に判断することが大事

新車や未使用車を購入する場合、車両価格に注目しがちですがそれだと損をしてしまう可能性もあります。

例えば、新車を購入する場合、値引き率がそこまで高くなかったとしてもオプションプレゼントや値引き交渉の結果、さらに最終的な支払金額は安くなるケースも。

特にディーラーや販売店が独自に実施しているキャンペーンやサービスを利用することで、新古車を購入するより新車を購入する方が安い場合もあります。

未使用車を購入する場合は、車両価格だけではなく、最終的に支払う総額やサービス面(メンテナンスなどアフターサービス)も考慮したうえで判断することが大事です。

お問い合わせはコチラ

5、未使用車を買う際の注意点

ここでは未使用車を買う際に気をつけて欲しいポイントをお伝えします。実はここの章が一番大切かもしれません。

未使用車を扱う店舗や大型中古車販売店では、「未使用車」=「安い」というイメージを使い広告宣伝をしています。実際に安い場合も多いですが、そうならないケースも聞きます。チラシやCMの安そうなイメージに惑わされずにお得に車を買いたい方はぜひお読みください。

5-1.お目当ての車種の新車見積もりをとる

「未使用車を買うのに新車の見積もりもとるの?」と疑問に思う方もあると思いますが、安いのか?高いのか?は自分の目で確かめるのが一番良い方法です。新車が人気で納期が掛かる車種などは未使用車の台数が希少で割高な場合もあります。

また、車両本体価格だけ安くして、手数料やオプションが高額な販売店もあります。しっかりと総支払額と装備やオプション内容をトータルで新車と比較して欲しいと思います。手間がかかるので面倒に思うかもしれませんが、損したくないなら一社でもいいので見積もりを取っておくといいですね。

どうしても時間がない方は、メーカーサイトの簡易見積もりを使って相場を掴んでおきましょう。

5-2.ローンを使うなら、金利が高い販売店で購入しない

カーローンは、販売店によって違うのをご存じですか?ローン金利が高いお店の特徴をお伝えしますから、そういう店舗ではローン購入しないのが無難です。金利差によって50万円や100万円という支払総額の差になりますから注意して欲しいですね。

ローン金利が高い中古車販売店の特徴

見積書が見にくく、金利手数料が分からない

「月々13,500円」など月々の返済額は大きく記載されているのに、金利手数料や金利を含めた支払総額が理解しにくい見積書(計算書)を使っている場合があります。販売スタッフが丁寧に説明してくれるお店ならいいですが、そうでない場合は「金利が高いかも?」と考えてみましょう。

ここは直球で「ローン金利はいくらですか?」と堂々と質問しましょう。
正直5%以上なら高いと思います。さらに言うなら7~10%という高金利を扱う中古車販売店が非常に多いということを理解しておいてください。

どうしてもそのお店にしか欲しい車がないなら、銀行のマイカーローン等を活用する手段を検討したいですね。

カーナビプレゼントなどで工賃が含まれていない店

カーナビプレゼントを謳っていること自体はお客様にとってメリットなのでいいですが、プレゼントに条件を付けているお店もあります。

カーナビの工賃が別途必要になったり、「ローンを利用したらプレゼントします」というケースです。
ローンはさきほどもお伝えした通り、高金利を扱う店が多いので気をつけたいですね。

車両本体価格が異常に安いチラシ

チラシの車両を目当てに訪問しても、実際に展示場に足を運ぶと目移りするものです。展示場の中がすべて安い車ではありませんから、納得して購入するためにも諸経費やオプション、保証費用などを含んだ総支払額をしっかりチェックしましょう。

販売スタッフの営業トークがすごい!

こちらもローン金利が高い店や大手販売店の特徴です。トークが上手ですから、商談がトントン拍子で進んでいきます。「一旦家に持って帰って検討します」と伝えても、「なぜ決められないのか?」とあの手この手で引き止められます。押しに負けて購入している人も多いかもしれませんが、ここは冷静に対応したいですね。買うか買わないか?どこの販売店で購入するかの選択権は100%お客様がお持ちです。

お問い合わせはコチラ

6、良心的な未使用車販売店とは?

「じゃあどこで買えばいいの?」という声に応えておすすめの販売店の特徴をお伝えします。

6-1.新車も安いと評判の店

新車の見積もりと未使用車の見積もりを比較検討できる販売店なら安心です。実際に新車で購入しているお客様が多い店がいいですね。未使用車を売るための新車見積もりになっていない、新車・未使用車のメリットとデメリットを説明してもらって購入できると嬉しいです。

6-2.見積書の説明が丁寧

見積書に記載されている項目の説明が丁寧なお店は良心的な傾向があると思います。質問しなくても金利手数料や支払総額などを説明してくれるスタッフは信頼できますね。

6-3.ローン金利が安い

ディーラーでも新車ローン金利が6.9%なんていう販売店があります。国産の有名なメーカー看板でも関係ないですね。正直なぜそんな高い金利を今だに設定しているのか不思議です。そういう新車ディーラーの特徴は、「残価設定なら金利が安い」というセールストークです。最近なら多くのディーラーでこの営業トークを聞くことになるでしょう。

中古車販売店はさらに高い場合もあります。大型中古車店では10%近い金利を取り扱っていることもあります。信じられないですが実際のことです。万が一そういう店舗でローン購入してしまったら、銀行に相談してみましょう。住宅ローンでは一般的な借り替えがマイカーローンでも可能です。銀行なら2~4%くらいの金利を取り扱っている場合が多いです。審査が厳しかったり、用意する書類等手間はかかりますが、大切なことですね。

ポイント

【参考】ウッドベルのローン金利
・新車2.5%
・未使用車2.9%
・中古車3.9%

6-4.強引な商談や売り込みがない

これは個々のお客様が感じられることなので定量的に話すのは難しいです。
・質問に丁寧に答えてくれる。
・家で検討させてくれる。
・買った後も親切にしてくれそう。
・担当スタッフ以外もにこやかで感じがいい。
・銀行ローンを使いたい場合も、見積書などきちんと出してくれる。

逆に、契約するまで帰してくれないなど強引な販売店は注意が必要ですね。

7、まとめ

いかがでしたか?新車との違いはご理解いただけたでしょうか。

新車と未使用車どちらを購入するにしても、お得に安心して購入したいですね。
本記事をお読みいただいた方々が、幸せなカーライフを過ごして頂けたらと思います!

参考になったよ!助かった!っていう方はSNSでシェアして頂けたら嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ウッドベルお問い合わせ

サイト内検索はコチラ

-新車購入ガイド

Copyright© ウッドベル新車情報サイト , 2021 All Rights Reserved.