新車を探す(メーカー・タイプ別)

新車情報

ホンダの新車が低金利で買える

ホンダの新車をローンで買うなら近年話題の残価設定型クレジット通称「残クレ」が大々的に宣伝されていますね。

確かに残クレの金利は3.5%と安く、キャンペーン時には車種限定ではありますが2.5%という広告も見かけます。おそらくホンダディーラーで商談すると、ローン支払いなら「残クレ」を強く勧められると思います。

実はホンダだけでなく、スズキ、ダイハツ、トヨタ、日産と各社が競争するようにローンと言えば「残クレ」という様相です。そんな中でもホンダは残クレにもっとも力を入れているメーカーではないでしょうか?

本記事では、当社のローンと残クレとの比較も交えてお送りします。

「残クレって実際どうなの?」という方々にもお読みいただければと思います。

 

1、結論!結局残クレと低金利ローンどっちがいいの?

今回は結論から申し上げます。

残クレに向いている方とは

  • 3年から5年で毎回新車を乗り換える方
  • 走行距離が月間走行距離800km~1000km以下の方
  • 事故しない方(保険等級が高く車両保険の一般保証に加入の方)

1-1.3年から5年で毎回新車を乗り換える方

残価設定型クレジットの魅力は、月々の返済を低く抑えながら、新型車に乗れることです。例えるならiPhoneなどスマホと同じですね。機種変更しながら常に最新の車に乗りたい方がおすすめです。

乗り換えていくことで、残価分の支払いを考える必要はないので楽ですね。毎回ローンの終了が近づくと「次は何に乗ろうかな?」と乗り換えのことを考えられます。新型車が好きな方にはたまらないですね。

1-2.走行距離が月間走行距離800km~1000km以下の方

これはホンダの場合ですが、残価の条件が月間走行距離1,000kmとなっています。(※2020年12月時点の調べ)

ですから1,000kmを超えると査定の減額が発生するでしょう。中古車は年式と走行距離が相場に大きく影響しますから、走行距離は重要です。仕事で使う方、通勤距離が長い方などは不向きです。

それでは走行距離が少ない方はどうでしょうか?

実はここも要チェックです。というより走行距離が少ない人こそ残クレのメリットが少ないとも考えられます。

年間5,000km×5年=25,000km

年間10,000km×5年=50,000km

どちらも月間走行距離は1,000km以下ですが、残価設定金額は同じとされます。

ディーラーは損をしないローン商品の設計をしていますから、どちらの走行距離を基準にしているかは想像できますよね。

もうお気づきだと思いますが、走行距離が少ない人は損なのです。

残価金額の精算時の条件は、減点や減額については規定されていますが、加点や増額は規定されていないですから。

車種や色、グレードにもよるので一概に言えませんが、走行距離25,000kmと50,000kmでは査定相場が10万円~20万円ほど差が開くと思います。

ですからディーラーが想定してる残価設定の走行距離を走る人がおすすめなのです。

1-3.事故しない方(保険等級が高く車両保険の一般保証に加入の方)

事故をして修理すると基準を超えたダメージがあると修復歴車になります。中古車市場での価値が大きく下がるので、残価精算時に大きく減点されてしまいます。

しっかり車両保険(一般保証かつ新価特約)に加入されている方なら大丈夫ですが、等級が低く十分な補償が受けられないと大変です。

残価設定型クレジットを利用する際は、自動車保険も注意したいですね。

 

 

低金利ローンに向いている方とは

  • 5年以上乗り続ける方
  • 事故をしても修理して乗り続けたい方
  • 走行距離を気にしたくない方

1-4.5年以上乗り続ける方

一般的なディーラーローンは6年か7年が最長で、金利も4~7%程度と高めです。

しかし、当社の低金利ローンや銀行など金融機関が提供するマイカーローンは低金利でしかも最長10年です。

新車を購入し2回目の車検を受けて乗り続けるなら、最初から残価金額の清算を気にする必要がない低金利の長期ローンがおすすめです。

注意したいのは、金利が高い販売店です。ディーラーでも通常ローンは金利が高いですが、その他の販売店にも金利が高いお店が沢山あります。

5年以上のローンを組むなら特に金利には気をつけたいですね。

1-5.事故をしても修理して乗り続けたい方

事故をしても修理して乗り続ける方なら、売却時の査定金額を気にする必要はありません。

1台の車に10年以上乗る方がかなり増えています。しっかり乗り続けることが一番の節約かもしれないですね。

1-6.走行距離を気にしたくない方

残価を設定するということは、それまでに車をいい状態に保つ必要があります。

車のキズや車内の汚れもそうですが、走行距離も気にしなければいけません。気にすることが多いと窮屈なカーライフになります。

誰にも縛られることなく車に乗りたい方は、最初から長期ローンを組むことをお勧めします。

 

2、ホンダ車全車!カーローンは低金利2.5%!

※金利条件やサービス内容は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

ウッドベルのカーローンは、ホンダディーラーと何が違うのか?

それはズバリ!支払総額が安いことです。

三重県内のホンダディーラーでも残価設定型クレジット「残クレ」が販売されています。

こちらの金利も安い金利で提供されています。それなのに違いが出る理由があります。

2-1.低金利+最大40万円分のナビパック付き!

ホンダディーラーの残価設定型は特殊な購入方法なるため、車両の値引が少なくなることが多いです。

ホンダディーラーの通常ローンは車両値引きが併用されていましたが、残価設定型の場合は値引きが少ないようです。

ウッドベルの低金利2.5%は約20万円~40万円分のナビパックプレゼントが貰えます!

低金利でお得な上に、現金購入時と同じ条件が適用されます!

 

2-2.支払期間は最長120回払い!

返済プランは自由自在!

頭金は0円から設定できる!

ボーナス月の加算も自由!

最長120回までの回数が選べる!

残価設定型では支払期間は3年~5年です。しかも残価分の支払いが最終回にまとめて発生します。

例えば3年の残価設定ローンを使うと37回目に車両本体価格の40%~50%の支払いが発生します。

3年ごとに乗り換える方なら、下取りに出すことで現金を用意する必要はないかもしれないですが、結局ローンを組み続けることになります。

しかも3年ごとに車を買い替えるとなると、そのたびに登録諸経費やオプション費用も掛かりますから負担も大きく現実的ではありません。

一般的な残クレの説明を見ていると、通常ローンより月々の支払いが軽減できるというのがウリですが、それならボーナス月の加算を利用する方がいいでしょう。下の図を参考にしてください。

残価設定型デメリット

残価金額が大きいうえに、残価分にも金利はかかっています。

残価分の金利を先に支払ったうえで、乗り続けるために再度ローンを組めばもう一度金利を払うことになります。

それなら、初めから全額を長期ローンを組んだほうがいいですね。

より柔軟な選択肢と、支払の安心を求めるならウッドベルの最長120回の低金利ローンをご利用ください。

2-3.対象はホンダ全車!

コンパクト シャトル
フィット
ミニバン オデッセイ
ステップワゴン
フリード
SUV CR-V
ヴェゼル
セダン レジェンド
アコード
インサイト
シビックセダン
グレイス
ワゴン シビックハッチバック
ジェイド
シャトル
軽自動車 S660
N-BOX
N-WGN
N-VAN
N-ONE
アクティトラック

ホンダのほとんどの現行モデルに低金利2.5%を適用できます。

2-4.一台の車を5年以上乗るなら断然ウッドベルのローンがお得!

残価設定型クレジットは、短期間で乗り換えることを前提としたローンです。

5年以上、つまり新車から2回目の車検を受ける方なら長期で月々支払っていく方が安心でお得です。

もしすでに残価分に相当するまとまった現金をお持ちなら、通常ローンで頭金を加算することをお勧めします。

残価設定型の残価分にも金利が発生しているので、まとまった現金があるなら頭金を入れることで金利負担を軽減できます。

2-5.途中で乗り換えも自由に選択可能!

最長120回ローンだと10年間乗り換えられないの?という質問を頂くことがあります。

答えは、いつでもお客様のタイミングでお乗換えは可能です。

いつでも乗り換えも可能で、月々の支払いも安いなんて便利でうれしいですよね!

3、新車を買うならウッドベル

格安で新車を購入したい方は、ぜひウッドベルをご利用ください。

国産全メーカーを取り扱っているから、見積もりの比較検討も出来ます。

ホンダなら、フィットのライバル車であるヤリス、ヴィッツ、ノートと比べることも可能です。

もちろん展示車も豊富に用意していますから、複数メーカーのディーラーを巡る手間もいりません!

ご来店お待ちしています。

【低金利2.5%】カーローンが安い!

chapter3 三重県松阪市の新車ディーラー「ウッドベル」よりカーローンの金利値下げのご案内 ウッドベルの新車通常金利は3.9%です。 この金利でもディーラー ...

4、ウッドベルでの購入を迷われている方へ

残クレが魅力的に映るかもしれません。しかし残クレという商品は、メーカーとディーラーの乗り換えを促進したいという思惑から生まれているものです。

新車を5年で乗り換えてもらえば、メーカーの生産は確保され、ディーラーも販売台数を稼ぐことが出来ます。残価のリスクを顧客に持たせ、新車への乗り換えを促進するための商品と言えます。

ウッドベルでは1台のお車を長く乗りたい方も、沢山乗り換えていきたい方も自由に支払方法が選べます。現金で買っても安い、ローンで買っても安いを実現するために、2.5%低金利の長期ローンが生まれました。

住宅ローンと同様に、ローンの途中で完済することも可能です。自分のタイミングで乗り換えすることができます。近年の新車はモデルチェンジの期間が長くなっています。5年経ってもマイナーチェンジしかいていないことも多いです。

ぜひ一度、ご来店いただければと思います。メーカーに縛られることのない自由な車選びを体験してみて下さい。

新車を探す(メーカー・タイプ別)

-新車情報
-,