新車購入ガイド

【2020年最新】新車の平均価格チェック!安く購入する方法も解説

新車を購入したいという方の中には、だいたいどれくらいの費用がかかるか気になる方も多いと思います。
また、実際に車を購入するとなったときに 、値引き交渉をしたいので平均的な価格を知りたいという方もいるかもしれませんね。

実は一般的な新車の購入価格は約170万円といわれており、一番多い価格帯は100~300万円です。
ただ、中には価格相場が分からずに販売員の言い値で即決という方もいるのでは?

もしそこで値引き交渉をしていれば、もう少し安く購入できたのに....という事態になるともったいないですよね!
安く新車を購入するためにはまず価格相場を知ることが大事です。

そこでこの記事では

・新車の平均価格
・新車を購入するときに知っておくべきこと
・新車を安く購入するコツ
・安く新車を購入するときの注意点

を解説していきます。
新車を購入するときには相場をしっかり理解しておくと値引き交渉にも役立つので、ぜひ最後までご覧ください!

 

 

1、新車の平均価格はどれくらい?


新車を購入するときに自分が欲しい車の平均価格って気になりますよね?
実は新車の平均価格は軽自動車や普通自動車などを含めると約170万円といわれています。

もう少し大まかにいうと新車の購入価格は100~300万円の間が平均的です。
軽自動車では100万円代でも購入することができますが、逆に普通車になると200~300万円することもあります。

また、外国産の車や高級車になると1,000万円を超える車もあり、新車の価格といってもさまざまです。

とはいっても、もう少し細かく相場を知りたい方もいるでしょう!

1つの目安として主な車の分類別の価格相場を紹介すると以下のようになります。

【車種】 価格相場
軽自動車 約100~200万円
セダン 約200~500万円
ミニバン 約200~400万円
コンパクトカー 約130~250万円
クーペ 約300~1,500万円以上
ワゴン 約200~500万円
SUV 約200~500万円

上記の価格はあくまで車の分類別の大まかな相場であって、各車種別の価格ではありません。
ただ、自分が欲しい車の平均価格も知りたいですよね?

そんな方向けにここからは、各車種の人気車ごとに平均価格を解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1-1. 「軽自動車」の新車平均価格

軽自動車の平均価格:約100~200万円

【車種名】 実際の販売価格相場
スペーシア(スズキ) 135~161万円
ハスラ―(スズキ) 136~174万円
ジムニー(スズキ) 148~187万円

スズキの人気車種を比べてみました。軽自動車でも高グレードやカスタムタイプになると、各メーカー共に価格が高くなる傾向です。

軽自動車が安いというイメージが先行してしまいがちですが、コンパクトカーも視野に入れてもいいかもしれません。

1-2. 「セダン」の新車平均価格

セダンの平均価格:約200~500万円

【車種名】 実際の販売価格相場
カムリ(トヨタ) 137~464万円
3シリーズ(BMW) 461~985万円
クラウン(トヨタ) 469~569万円

セダンはクラス別に価格の幅が広いです。

昭和の時代には、カローラやブルーバードといった大衆向けの車種が多かったですが、今では高級車が大半を占めるようになりました。

価格が低いクラスでは、実用性を兼ね備えたハッチバックタイプや燃費性能で優位なコンパクトカーが競合車種が多いです。

1-3. 「ミニバン」の新車平均価格

ミニバンの平均価格: 約200~400万円

【車種名】 実際の販売価格相場
アルファード(トヨタ) 352~761万円
セレナ(日産) 257~359万円
ステップワゴン(ホンダ) 271~443万円

アルファードの最上位モデルになると700万円を超えてきます。
まさに、ラグジュアリーカーです。

セレナ、ステップワゴン、ヴォクシー等のサイズは、各社がシェア争いが激しく、ユーザーとしては選択肢が多いですね。

1-4. 「コンパクトカー」の新車平均価格

コンパクトカーの平均価格:約130~250万円

【車種名】 実際の販売価格相場
パッソ(トヨタ) 119~190万円
ノート(日産) 144~268万円
ソリオ(スズキ) 148~211万円

このジャンルは、国内全メーカーが新型車を投入しています。近年は、軽自動車メーカーのスズキとダイハツが続々と投入しています。

燃費性能も最もいいのがこのクラスです。価格的にも軽自動車同等の値段で購入できるグレードもあります。

1-5. 「クーペ」の新車平均価格

クーペの平均価格:約300~1500万円以上

【車種名】 実際の販売価格相場
GT-R(日産) 1,082~1,463万円
M2クーペ(BMW) 898~1,285万円
86(トヨタ ) 267~358万円

市場におけるシェアは小さいですが、男性なら心をときめかす人も多いでしょう。

車種ごとに大きな開きがありますので平均価格を出すのが難しいジャンルです。

1-6. 「ワゴン」の新車平均価格

ワゴンの平均価格:約200~500万円

【車種名】 実際の販売価格相場
カローラツーリング(トヨタ) 201~299万円
3シリーズツーリング(BMW) 494~1,010万円
Eクラスオールテレイン(メルセデス・ベンツ) 910~912万円

ミニバンの登場で国内ではツーリングワゴンの人気は下がり気味です。

ただ、ヨーロッパではミニバンはあまりなじみが無いため、SUVかツーリングワゴンという選択肢の人が多いようです。

1-7. 「SUV」の新車平均価格

SUVの平均価格:約200~500万円

【車種名】 実際の販売価格相場
エクストレイル(日産) 248~377万円
フォレスター(スバル) 286~317万円
クロスビー(スズキ) 179~218万円

近年、一番市場を拡大しているのがSUVです。
昔は「四駆」と呼ばれていたジャンルですが、今のトレンドは街乗りでスポーティーなスタイルが好まれています。

普段使いでも楽しめ、レジャー使用時はアクティブに走れるSUVは、ボディーサイズも豊富です。
特にトヨタの力の入れ方が強く、最近でも、RAV4、ライズ、ヤリスクロスとボディーサイズ、重量の段階別に細かく車種構成されています。

中古市場でも人気が高く、リセールバリューもよさそうです。

 

2、新車を購入するときに知っておくべきこと


新車を購入する場合、どうしても販売価格に注目しがちですよね。
もちろん、価格が安いということも大事なのですが、

・車の選び方
・車の代金の支払い方

などもしっかりと考えておく方が良いでしょう。
計画的に車を購入しないと、長期間維持することができなくなるかもしれません…

そこでここからは、新車を購入するときに知っておくべきこととして、車を選ぶときの心構えやローン払いについて解説します。

2-1. 年収などを考慮して車を選ぶことが大事

新車を購入するときにはつい希望に任せて購入しがちです。
ただ、年収などを考慮したうえで無理のない範囲で車を購入することが大事になります。

新車といっても100万円代で買える軽自動車から数千万円する外国車までさまざまな価格帯がありますよね。
見栄を張って無理をして新車を買っても支払いや維持が難しくなるので、無理のない範囲で予算を考えるのが基本です。

一般的には車を購入する予算は年収の半分以下といわれているため、その範囲で車を購入するのを目安にすると良いでしょう。
自分の懐にあった車を購入することは、長期的に車を乗り続けることにもつながります。

今検討している新車が無理をした価格ではないか、あらためて見直してみてくださいね!

新車の乗り出し価格とは?費用相場や価格を抑えるコツを徹底解説!

新車を購入する際に「乗り出し価格」という言葉を聞く機会もあると思います。 ただ、初めて車を購入する方は、「乗り出し価格って何?」と思っている方も多いでしょう。 そこでこの記事では 乗り出し価格とは何か ...

 

2-2. どうしても欲しい新車がある場合はローンも選択肢になる

新車を購入するときには年収を考慮して予算を決めることが大事です。
ただ、どうしても欲しい車がある場合はローンを利用する手もあります。

車を購入するときのローンは「マイカーローン」といって、自動車のディーラー(販売店)や金融機関にお金を借りて代金を支払う方法です。

一括払いの場合は利息が発生しませんが大金なので支払うのは大変。

ただ、マイカーローンの場合は月々の支払いは少なくて済むため楽ですが、利子がかかるので最終的に支払う金額は多くなります。

そうなると気になるのが、マイカーローンの金利だと思います。
ローン金利の相場はおおむね以下の通りとなっているので、参考にしてみてください。

【一般的なローン金利の相場】
・銀行:年2~4%
・ディーラー:年5~7%
・信販:年2~8%

マイカーローンといってもどこで借りるかによって金利が異なるので、最終的に支払う金額はかなり差があります。
また、それぞれローンの審査基準などもバラバラなので必ず利用できるというわけではありません。

特に収入が少ない場合などはマイカーローンを組めない可能性もあるので注意が必要です。
ちなみに、一般的には銀行でローンを組む方が金利は低いですが、銀行は審査が厳しいというデメリットもあります。

まずは購入を検討しているディーラーや販売店のローン金利を調べてみて、それからローンを利用するか検討すると良いでしょう。

新車ローンの月々の返済額はいくら?具体例も合わせて解説!

新車ローンを組む際に、月々の支払いがいくらくらいになるか気になる方も多いのではないでしょうか? 月々の支払金額はローン総額やローン年数によっても変わりますが、負担の少ない約1万5,000円~3万円の範 ...

 

2-3. 車の維持費も考えておく必要がある

新車を購入するときに車本体の価格だけではなく、維持費に関しても考えておく必要があります。
維持費としては主に以下の項目を支払う必要があります。

【税金類】

【税金の種類】 【費用】
自動車税 25,000円~110,000円
軽自動車税 10,800円
自動車重量税 0.5t刻みで料金が決定されている。
軽自動車:約10,000円~
大型自動車:約20,000~25,000円

 

【保険類】

【保険の種類】 【費用】
自賠責保険等の保険代 【普通自動車の保険料】 24カ月:21,550円
36カ月:29,520円
自賠責保険等の保険代 【軽自動車の保険料】 24カ月:21,140円
36カ月:28,910円

 

【整備費・メンテナンス費】

【整備費・メンテナンスの種類】 【費用】
車検費用 軽自動車/約5~7万円
普通自動車/約8~10万円
タイヤ維持費 月間走行距離、タイヤサイズによる
修理費用 年間走行距離、使用年数による
オイル関係のメンテナンス費 メーカー指定オイルグレードによる

 

【稼働費用】

【稼働費用の項目】 【費用】
ガソリン 走行距離によって変わる
高速道路利用代 場合による
駐車場代 約10,000円

 

上記のように、新車を購入するときには購入費用だけでなく維持費の計算もしておくと良いでしょう。
車検費用や税金などは車の種類によって異なりますし、ガソリン代なども燃費によって影響されます。

新車購入時には、1年間でだいたいどれくらいの維持費がかかるのか、しっかりと検討してみてください。

お問い合わせはコチラ

3、新車をできるだけ安い価格で購入するコツ!


新車を購入するときには、やはりできるだけ安く購入したいですよね。
車を安く購入するコツというと値引き交渉などが代表的ですが、実はそれ以外にも安く購入するコツがあるんです。

そこでここからは、新車をできるだけ安い価格で購入するコツを、購入するタイミングと購入方法の観点から解説していきます。
ぜひ、今回紹介するコツを参考にして格安で新車をゲットしましょう!

3-1. 決算セールに合わせて購入する

実は新車は1年を通して同じ値段で販売されているわけではなく、決算セールの時期に価格が安く設定されていることが多いです。販売店にもよりますが、決算月の3月と半期決算月の9月は価格を下げてでも多くの台数を売りたい時期といわれています。

そのため、この時期に新車を購入すれば比較的安く車を購入することが可能です。

ちなみに、多くのディーラーや販売店では決算に合わせてセールを大きな会場などで行っているので、展示会に参加することで安い車を探すことができます。また、展示会では販売員の方と値引き交渉をしたり、オプションを格安で充実させる交渉をしたりもできるのでおすすめのイベントです!

3-2.モデルチェンジのタイミングを狙う

新車のモデルチェンジ前は、メーカーオプションが組み合わされた特別使用車が出てきます。

通常より、お得に装備のいいグレードを選べることが多いです。

また、ディーラーとしても、最後の追い込みとしてセールを仕掛けることも多いので、新型にこだわらないならねらい目ですね。

3-3. 自分が欲しい車に妥協点を見つける

新車を購入するときには、オプションなどをたくさんつけてしまって費用がかさむケースも多いので注意が必要です。
新車を買うとなると、どうしても自分の希望通りの車にしたいがためにオプションを追加したくなってしまいます。

もちろん、希望通りに車のグレードやオプションにこだわることも大事ですし、その気持ちも分かります。
ただ、ある程度妥協をすることも大切です。

車を購入する上で譲れないポイントを決めて、優先順位の低いポイントは妥協すると良いでしょう!

3-4. 販売価格が安いと評判の車販売店を利用する

実は新車の販売はメーカーの自動車を直接販売しているディーラー以外に、さまざまなメーカーの新車を扱っている販売店でも行われています。

ディーラーの場合はある程度販売価格が決められているので、大幅な値下げというのは難しいです。

一方で、販売店はメーカーと直接契約をしているわけではないので、値引きにも応じやすく比較的安い価格で購入することができます。また、その中でも安いと評判の販売店を利用するのがおすすめです。

販売店でも販売価格はさまざま。
実際に見積もりを複数貰うかネットで価格を比較するなどして、安い販売店を探すと良いでしょう。

そこでおすすめなのが低金利で格安で新車が購入できる「ウッドベル」です。

以下の項目では「ウッドベルの魅力」を解説していくので、格安で新車を購入したい方はぜひ、見ていってくださいね!

3-5. 新車を格安で購入するなら【ウッドベル】

新車はディーラーや販売店で購入できますが、格安で購入したいなら「ウッドベル」がおすすめです。
ウッドベルのおすすめポイントは主に3つあります。

【ウッドベルのおすすめポイント】

①全メーカーの新車から選択できる
②オプションプレゼントで新車を安く買える
③ローン金利が全車種2.5%

 

1つ目の魅力は「全メーカーの新車から選択できる」ところです。
日本の車メーカーだけでもトヨタ・ホンダ・スズキなどたくさんありますが、国内メーカーはすべて選択できます。

また、BMWやメルセデス・ベンツなどの輸入車も対応可能です。
ディーラーだと他社のメーカーの車を同時に検討するのは難しいですが、ウッドベルなら全車種から希望に合った車の相見積もりも可能です。

例えば「ミニバン」のボクシー(トヨタ)・セレナ(日産)・ステップワゴン(ホンダ)などを同時に比較といった見積もりも人気です。特に「今のところどのメーカーの車にしようか決めていない」という方には最適な販売店です。

2つ目の魅力は「オプションプレゼントで新車を安く買える」ところです。
一般的に、ディーラーや販売店で車を安く買おうと思うと値引き交渉をしますよね。

ただ、詳細まで値引き交渉をしていると意外に時間と手間がかかります。

その点、ウッドベルなら新車の値引き情報を「オプションパック」という形で公開しているので、事前にどれくらい値引きされるか知ることができるんです。

例えば、オプションとして選ぶ方が多い

・カーナビ
・ドライブレコーダー(即決の場合)
・ETC
・ディーラーオプション
・メンテナンスパック

などがプレゼント(無料)でついてきます。
総額で20万円分以上(購入する車によって異なる)のオプション料金がサービスされることもあるので、かなりお得です。

3つ目の魅力は「ローン金利が全車種2.5%」で一律であるところです。
一般的なディーラーでは金利が5~7%程度なので、ウッドベルはかなり格安といえます。オプションパックが付いて尚且つ低金利は嬉しいですね。

また、頭金が0円、ボーナス払い0円で利用することが可能で、最大120回分割ができます。

【低金利2.5%】カーローンが安い!

三重県松阪市の新車ディーラー「ウッドベル」よりカーローンの金利値下げのご案内 ウッドベルの新車通常金利は3.9%です。 この金利でもディーラーの中では十分低い方でしたが、今回さらに金利を下げるキャンペ ...

「新車を買いたいけどまとまったお金を用意するのが難しい」

という方でも、ローンを利用して分割払いなら支払うことができますよね。

120回分割で購入すれば、月々1万円程度で大丈夫なので、社会人になりたての方や初めて車を購入するといった方でも購入しやすいです。

このように、ウッドベルでは格安で新車を購入することができます。

4、まとめ


新車の価格はメーカーによっても異なりますし、車種によっても違います。
ただ、自分が購入を検討している車の平均価格は知っておいた方が良いでしょう。

特に販売員との値引き交渉時や安い販売店を見つけるときには、ある程度の価格相場を知っていないと難しいです。
今回紹介した平均価格も参考に、自分の欲しい車の平均価格を確認してみてください。

また、格安で新車を購入したい方は「ウッドベル」がおすすめです。

ウッドベルお問い合わせ

新車の車検付きメンテナンスパックはお得か?

 

サイト内検索はコチラ

-新車購入ガイド

Copyright© ウッドベル新車情報サイト , 2021 All Rights Reserved.