タイヤの偏平率とは?見方と計算方法を解説

自動車のタイヤサイズは時代ごとにトレンドの様なものがあり、近年は軽乗用車の純正サイズも偏平率が低くなる傾向があります。そこで「偏平率」という単語について聞いたことがあるけど詳しく分からないという方のために記事を作成しました。

本記事では、

  • タイヤの偏平率の知識
  • 低偏平率タイヤの効果や影響

について解説していきます。タイヤの豆知識を増やしてカーライフを充実させてください。

 

タイヤの偏平率とは?見方と計算方法

偏平率とは、タイヤの断面幅に対するタイヤの断面高さの比をパーセンテージで表した数値のことです。

偏平比=タイヤ断面幅/タイヤ断面高さ

偏平率(%)=偏平比×100

 

この計算式で算出された偏平率が低いタイヤを低偏平タイヤと呼ばれています。

近年は低偏平化の流れ

近年世界中でSUVが非常に人気です。国内メーカー、海外メーカー共に新型車の投入が相次いでいます。

それら新型車のタイヤサイズを見ていると低偏平化が顕著に表れています。特に上位モデル、上位グレードになるとその傾向が顕著に表れています。

国内メーカーの新型SUVのタイヤサイズ

車種 タイヤサイズ
日産 キックスe-POWER X 205/55R17
マツダ MX-30 ベースグレード 215/55R18
スバル フォレスター 2.0Advance 225/55R18
三菱 エクリプス クロス G 225/55R18
トヨタ ハリアー Z 225/55R19
トヨタ RAV4 Adventure 235/55R19
トヨタ ヤリスクロス Z 215/50R18
レクサス UX 250h F SPORT 225/50R18

 

海外市場も視野に入れ、車の大型と共にタイヤサイズも大きくなり偏平率も低くなっています。昔はカー用品店などでドレスアップを目的にホイールをインチアップし低偏平率のタイヤを選んでいましたが、近年はメーカー純正で大径インチホイールに低偏平率のタイヤを装着しています。

 

海外メーカーの新型SUVのタイヤサイズ

車種 タイヤサイズ
フォルクスワーゲン T-Roc TDI R-Line 225/40R19
メルセデス ベンツ GLS 580 4MATIC sports 275/45R21前
315/40R21後
ボルボ XC90 D5 AWD R-DESIGN 275/35R22
アウディ RS Q8 ベースグレード 295/35R23
BMW X6 M50i 275/40R21前
315/35R21後

 

欧州の各メーカーになると低偏平化はさらに高くなっています。このサイズまでくるとタイヤもホイールと共に外観の印象をつくる重要なパーツになり消耗品ではなくなりますね。

低偏平化の現象は当面続くでしょう。ですが国内メーカーなどで長期にわたり愛されている車種ではタイヤサイズの変更は少ないです。長年乗られてきた方々への配慮もあるのでしょう。

トヨタ プリウス S
モデル タイヤサイズ
1997年 165/65R15
2003年 185/65R15
2009年 195/65R15
2015年 195/65R15

 

例えば、トヨタのプリウスは現在4代目ですが、タイヤサイズを大きく変化させていません。そろそろモデルチェンジの周期が近づいていますが次のモデルのタイヤサイズが気になるところです。

※表に記載のタイヤサイズは2020年1月6日時点の調査によるものです。タイヤサイズは年式、グレード、オプションなどで変わりますから詳しくは最新のメーカーカタログを参照ください。

低偏平率タイヤのメリット・デメリット

低偏平率タイヤを装着することにより以下のような影響・効果が考えられます。

メリット

  • ドレスアップ効果
  • 高速走行の安定性
  • コーナーリング性能のアップ

低偏平率で大径タイヤはオシャレでカッコイイ印象があり人気です。またタイヤ幅広いため高速走行でも安定し、扁平率が低いため「たわみ」や「ねじれ」が起こりにくくコーナーリング時もしっかり曲がってくれます。重心が高めのSUVでも低偏平率の幅が広いタイヤを採用することで高速走行が快適になります。

デメリット

  • 衝撃吸収性の低下
  • 燃費性能の低下
  • タイヤ維持費が高い

偏平率を下げることにより空気を充てんする量が減り、たわみが減るため偏平率が高いタイヤに比べ乗り味がゴツゴツした感覚になりやすいです。サスペンションとの組み合わせにもよりますが、スポーツ志向のタイプになるとサスペンションも固めです。純正からインチアップし低偏平化すると燃費性能が低下する傾向もあります。低偏平率タイヤは単価が高いですから車購入時は維持費も頭に入れて選びたいですね。

まとめ

タイヤの偏平率について参考にして頂けたでしょうか?

タイヤは車の運動性能を引き出す重要なパーツです。ドレスアップだけでなく安全性や走行性能にも注目したいですね。

タイヤのご相談をお待ちしています。